2月10日更新【テストステロンを高めてモテる方法まとめ】

 

テストステロンとは?

 

聞いたこともない方もいると思うので簡単に説明!

男性ホルモンの一種。筋肥大や骨格の発達にも影響を及ぼす。

また、性格が明るく、ポジティブになる効果もあり、鬱病改善にも効果がある。

また、別名モテホルモンと呼ばれ、異性を惹きつける効果がある。

 

こんな感じです。

要するに、

テストステロンを高めれば高めるほどにリア充化していく

ということですね。

僕はテストステロンに精通して6年ほどになりますが、テストステロンを知る前と後では、別人レベルで性格と容姿が変わりました。

 

元はただの内気な青年でしたが、テストステロンを高めたことで、美女と簡単にワンナイトができるようになったり、一目惚れした大学のアイドルを授業中に口説いて彼女化したりできるようになりました。

 

縁のないものであったストリートナンパ(路上で女性に声をかけること)にもチャレンジして、知り合ったその日の内にセックスすることもしばしばありました。

 

最近だと、更に効率よく美女と出会える方法論を編み出して、毎日出会いを量産しながら楽しく暮らしています。

 

元が低かったせいか、テストステロンでの人生上昇具合は本当に半端じゃなったですw

 

このように、自分自身がテストステロンに救われて、テストステロンのことが大好きなので、

テストステロンを世の中に広めたいのです。

 

具体的なテストステロンの高め方

 

というわけで、具体的に僕がどうやってテストステロンを高めてきたのかを解説していきますね。

1.早起き

テストステロンの分泌は朝8時~9時が一番多く、夕方ごろから低くなっていくらしいです。(朝勃ちが起こるのもテストステロン値が関係しているそう)

つまり、最も男らしく活動できるのは朝ということですね。

これを知ってから早く起きて活動するようになりましたが、確かに、頭も冴えるし、筋トレのモチベも高かったですね。

2.亜鉛のサプリを飲む

これは個人的には効果抜群でした。

そもそも亜鉛自体は摂取が非常に難しい栄養素になっています。

不足しがちな栄養素だったので採用して世界でした。

個人的に感じた効果としましては、

  • ネガティブにならなくなる
  • 勃起力UP
  • 性欲UP
  • 遅漏改善
  • 男らしさUP

この辺りははっきりと感じることができました。

元は、遅漏に良いと聞いて取り入れ始めたのですが、それ以上に精神的な弱さが改善されたので嬉しい誤算となりました。

最初は市販のDHC 亜鉛 60日分 60粒を飲んでいましたが効果をあまり感じられなかったので、海外直送品 Now Foods Zinc Gluconate, 250 Tabs 50 mgに乗り変えました。

 

3.自慰行為をやめる(減らす)

男性にとって自慰行為はデメリットはあっても、メリットはあまりありません。

射精と共に、本来髪の毛や皮膚、更には活動に使われるエネルギーが外に放出されてしまいます。

それと同時に、男のモテ要素の天敵、ジヒドロテストステロンが分泌されます。

このジヒドロテストステロンが分泌されると、テストステロンとは真逆の作用が働きます。

主に

  • ハゲる
  • 女々しくなる
  • ネガティブ思考になる
  • 弱気になる
  • 筋肉が付きにくくなる

このような作用ですね。

僕の場合ですと、ジヒドロが増え始めると、急に不安に襲われたり、自信がなくなり、行動力がなくなります。

いつも出来ることができなくなったり、女の子の前で自信のない振る舞いをしてしまったりします。

テストステロンを高める前の状態に戻ってしまう訳ですね。

逆に、1週間オナ禁を続けると、テストステロンの分泌量が150%上昇するという論文も出ているくらいなので、自慰行為の頻度が高い人(週3〜毎日)は試しに1週間だけオナ禁してみてもいいでしょう。

きっと身体共に変化が現れると思いますよ。

 

4.ノコギリヤシサプリを飲む

先程、自慰行為をするとジヒドロテストステロンが分泌されて不安に襲われたり、自信がなくなるという内容を共有しましたが、これはテストステロンがジヒドロテストロンに変換されてしまった結果なんです。

つまり、テストステロンをジヒドロテストロンに変換させなければ、心身共に受ける影響はまた違ったものとなります。

そこで役に立つのが、こちらの小林製薬の栄養補助食品 ノコギリヤシ 約30日分 60粒でした。

 

僕は亜鉛は2015年頃から摂りつづけていましたが、ノコギリヤシはあまり必要性を感じていなかったため、実験も兼ねて2018年の初めから取り入れました。

 

自分で2ヶ月ほど試してみましたが、自慰行為直後の虚しい感じや、不安に襲われたり、自信がなくなるような感覚は大きく削減されました。

また、亜鉛と併用していましたが、亜鉛の唯一の副作用であるムラムラも、軽減されました。

 

ノコギリヤシがちゃんとジヒドロ転換を防いでくれた結果だと思います。

 

これはオナ禁をしなければならない人にとってはかなり強力なアイテムになると思います。

 

食わず嫌いせずにもっと早く取り入れておけばよかったなと思いました。

ただ、ノコギリヤシはあくまでもサポート役なので、短期間でテストステロンの向上とその恩恵を感じたいなら

圧倒的亜鉛〉〉オナ禁〉〉ノコギリヤシ

の優先度で取り入れるべきだと思います。

 

5.筋トレ

テストステロンを爆発的に向上させる為に必須科目と言ってもいいのがこの筋トレです。

有名どころだとtestosteroneという方が筋トレを日本に布教していますね。

筋トレをすることによってテストステロンの分泌は勿論、アドレナリン、ドーパミン、エンドルフィンといった報酬系ホルモンが総動員されます。

報酬系ホルモンが活発に分泌されると.やる気向上、自信獲得、行動力アップなど様々な恩恵が得られます。

個人的な体感としては、上半身の筋トレは勿論ですが、特にバーベルスクワットが効果的でした。

あのバーベルに潰されて死ぬか持ち上げて生きるかの危機的状況を作り出すことで、テストステロンが爆発的に分泌されて、いつもより力を発揮するここができて、それは筋トレ後にもしばらく続きます。

筋トレをした後、なんか強くなったような気がしたり、万能感を得ることがありますが、それはテストステロンが分泌されている証拠です。

 

ただ、やはり軽いエクササイズのような負荷だとテストステロンの分泌量も少ないので、今の自分ではまだ出来ないような負荷にも少しずつチャレンジしていくことが大切ですね。

 

ちなみに僕は全盛期は、200キロ近くの重さでバーベルスクワットをやっていたので、中々最近はベストを更新できません。笑

 

最初は60キロや80キロでもいいので、少しずつ取り組んでみましょう!

 

きっと筋肉痛と共に、溢れ出るテストステロンを体感できすよ!

 

6.タンパク質を沢山摂ろう!

 

亜鉛と同じくらい重要なのがこのタンパク質

 

タンパク質は髪の毛や肌、筋肉、爪、精子など、人間の体はほとんどタンパク質でできています!

 

タンパク質摂取量×筋トレ=筋肉量=テストステロン=モテ度

 

つまり、タンパク質は全ての土台と言っても過言ではないのです!

 

ただ、

『そんなに沢山たんぱく質を食べられないよ!』

 

という方もいると思います。

 

そこで役に立つのがそう、プロテインですね。

 

皆さんプロテイン飲んでますか?

 

僕は飲んでますw

 

まあ、野球部にいたんだから当然ですよね。

 

僕が飲んでいるのはこちらバルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ 2.3kg ココアミルク

このプロテインの選考基準は価格です。

 

2.3キロで約7500円。

まあまあ安いですよね。

ちなみに味は、まずくはないけどそんなに美味しくはないですw

 

味を追い求めたい方は断然、DNSプロテインホエイ100 抹茶風味 1kgを筆頭にしたDNS系統。

値段は若干高めですが、味は僕が飲んだプロテインの中ではナンバーワンでした。

 

と思ったのですが、Amazonで現在値引き中らしく、4800円くらいのものが3400円くらいで買えます。

 

これは結構お得なので、この機会にプロテインデビューを目論んでいる方は是非こちらから。

 

7.コーヒーを飲む

 

僕の個人的な経験則ですが、テストステロンの高い男性はコーヒー好きが多いです。

ふと気になって調べてみましたが、なんと、米国の疾病管理予防センター(CDC)の調査で、コーヒーに含まれるカフェインはテストステロンを最大で約20%増加されるそうです。

 

1日240㎎のカフェインでテストステロン値が14%上がったとのことなので、平均3杯くらいが一番テストステロンを増加させるのにちょうどよいでしょう。

 

また、カフェインに含まれる利尿作用で、先ほど登場したジヒドロテストステロンを排出してくれる効果も期待できます。

 

簡単だけど、効果的なテストステロンを高める習慣ですね!

 

8.コミュニティの頂点に立つ

 

テストステロンは勝利のホルモンです。常に勝者だけに分泌されます。だからモテたい男は常にコミュニティのトップにいなければなりません。

僕は会社に入ってヒエラルキーが下がるのが嫌だったので起業しましたw

そこまでやる必要はないかもしれませんが、カースト・ヒエラルキーはモテに直結しますよ。

9.競争環境に身を置く

テストステロンとは、人と戦い、なぎ倒すという意志のもとに宿ります。

部活生が高テストステロンなのは、彼らは常に競っているからです。

 

まとめ

この記事は定期的に更新します。

オリバー公式メールマガジン

始めまして、オリバーと申します。

15歳の時から恋愛と向き合い、自分を常に進化・向上させてきました。

 

小学校6年の時に受けたクラスメイトからのいじめがきっかけで自分に自信がもてなくなり、

 

辛い学生生活でしたが、少しずつ自分と向き合うことをはじめ、高校生では初彼女

 

大学生では清楚系のモデルに大失恋をかましながらも、大2の時には

みんなが憧れる学部のアイドルと付き合うことができました。

 

 

その彼女とは2年間交際したのち、今度は多くのプロ野球選手や経営者と繋がりのある35歳にして最強に美人なお姉さんとセフレ関係になりました。

 

その後は、恋愛の枠を飛び越え、自分の外見と根本的なコンプレックスを完全に解消する為にストリートナンパの世界に飛び込みます。

 

 

ストリートナンパを経る途中で、更に成長に通ずるであろうと感じたスカウトマンにも転身し

 

六本木の数多の美女たちと過ごす日々の中で、さらに深く女性のことを知りました。

 

 

そんなオリバーが配信しているメールマガジンです。

Twitterやブログ、YouTubeでは語られない内容盛りだくさんです。

以下から無料メールマガジンに登録することができます。



※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、 厳正に管理します。
外部への共有は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには不定期で作者のメールマガジンが届きます。 有益な情報や様々な追加プレゼントを配布予定ですので、 主にお使いのメールアドレスをご入力ください。
不要の場合はいつでも解除可能です。

 

LINE@も更新中です。僕と気軽にやり取りできるので是非活用してください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

至って真面目な24歳。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球で公式登板。 早大卒業後、2年間の自己啓発(ナンパ・スカウト活動)を経て恋愛コンサルタントとして活動中。 ”超王道の恋愛学”を用いて、幸せな恋愛活動を送れる男性を世に輩出中。 また、テストステロンインフルエンサーを名乗っており、自信のない男性を救う手助けをしている。日本を高テストステロン大国にするのが夢。 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com