セールスって悪なの?

この記事は2分で読めます

Pocket

こんにちは、オリバーです。

 

セールスに関して感じたことがあるので書きます。

 

よく、インターネットビジネスの勉強をしていると、

なんかよく分かりませんが、

「セールスはし過ぎないほうがいい。」

「セールスは嫌われる」

みたいな前提で書かれていることがあります。

 

ん?それなんか違くね?

 

って僕は思うのです。

何故、セールスが悪みたいな雰囲気なのでしょうか。

 

そもそも、セールスとは、

「相手の人生をより良くするために行うこと」

ですよね。

んん?

むしろいいことやんけ。

ではなぜ?

 

答え1

マインドセットがズレているから

答え2

売る相手を間違えている

 

この2つでしょう。

 

まず一つ目から。

マインドセットがズレているから。

と書きましたが、つまり、

そもそも、「相手の人生を良くするためのオファー」になっていないから

「セールスは悪」みたいな発想が生まれます。

 

だって、本気で、心の底から

「絶対に買ったほうがいい!!!」

と相手のために思えているのであれば、
むしろ自分はいい事をしていると思えるはずです。

 

そう思えるほど、マインドが整っていなかったり、
商品や自分に自信がないことがまず根本原因です。

 

で、次。

売る相手を間違えている。

これはインターネットビジネスあるあるですねー。

顔が見えないから、なんとなく「えいやー」とオファーしてるけど、

全然売る相手違くね??っていう。

 

僕がメルマガが苦手な理由はこれです。

 

だって、見えねーじゃんw

 

てかそもそも読まれてるかすら分からねーしw

 

普通の営業なら絶対にこんなことは怒らないんですが、

まあ仕方ないですね。レバレッジと引き換えなのでw

 

ただ、このレバレッジという概念が、
初心者を狂わせているのは事実なんですよ。

 

まあこの話はいいかw

 

まあとにかく、

マインドセット大事にしましょうw

 

それでは!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 07.22

    お金と自由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。