テストステロンとは要するに何か?

この記事は3分で読めます

Pocket

こんにちは、オリバーです。

僕は自由な人生を送る方法を
紹介していますが、

その中でも恋愛というテーマは、
男性にとって大きな課題だと思います。

 

そして恋愛を成就させる方法として
最も簡単かつ効果的な方法が

 

「テストステロン値を高めること」であると
昔からお伝えしてきました。

 

今回の記事は、
テストステロンについてのまとめ記事となります。

 

テストステロンとは、要は何か?

何故高めなければいけないのか?

ということをお伝えし、
その必要性を理解することで今後の恋愛活動を
有利に進めて頂ければと思います。

では、行きましょう。

 

まず、テストステロンとは要は何か?

という事になりますが僕が思うに、
テストステロンとはセックスする為の能力です。

何のこっちゃ分からない方もいると思うので
解説しますね。

テストステロン値を高めることのメリットというのは、

・自信が付く

・行動的になる

・前向きになる

・性欲アップ

・男らしさ(オス力)アップ

・鬱になりにくくなる

・サイコパスシーの向上※

・カーストアップ

といった具合です。

 

この時点でピンと来てしまう方も
いると思いますが、上記のメリットは、

男がセックスを勝ち取るために
必要なものがずらっと並んでおります。

 

そう、テストステロン値を高めることで
セックスする為のマインドはほぼ整ってしまうのです。

 

よく、「自信を持て」とか、「行動しろ」とか言われるじゃないですか。

 

けど、元々自信もなく行動的
ではなかった僕だから分かります。

 

「んなこたー頭ではわかってんねん!!

それでもできないからこっちは困ってんねん!!!

自信持てって言われてすぐモテるなら困ってないっちゅうねん!!!」

 

って、思いますよね(笑)

僕はナンパや女遊びしていたので
よくわかりますが、

最初は女性に声を掛けるのも、
確信がない状態でホテルに誘うのもめちゃくちゃ緊張するし、
やれって言われて出来たら苦労しないすよねw

 

そういうことではないのです。
出来ないもんはできないのです。

 

「自信を持て」だけでは
根本的な解決にならないのです。

 

根本的な解決とは、
そう、本能からのアプローチです。

それがテストステロンです。

 

よく、「根拠のない自信」が大事だと言われますよね。

けど、ぶっちゃけよく分からなくないですか?

その中でも”テストステロン値を高める”というのは
最も簡単で、かつ誰にでもできる、
根拠のない自信をゲットする方法です。

根拠のない自信が
実際にいつ役に立つかというと、
全体的な雰囲気や、仕草、発言、思考、行動に出ます。

 

”自分に自信があって、肩に力が入っているわけでもないのに、
どこか無敵なオーラを漂わせている男性”

 

という見られ方をします。

 

この状態は女性から見て非常に魅力的です。

いわば、僕らが美女を見た時に感じるときめきと
同じものを女性に感じさせることができます。

 

この状態こそが、オス力が高い状態です。

女性の魅力は主に容姿で計られますが、
男の魅力は自信で計られます。

自信や、オーラ、雰囲気というものですね。

 

今まで自信というものを
直接向上させることはできないと思われていました。

しかし、このテストステロンは、
自信を直に高めることができるとんでもないツールなのです。

 

だから、自信がないと嘆く男性こそ
テストステロン値を高めて、高テストステロン化し
根源的な自信を持ち、いつでもセックスできるような状態を作るべきなのです。

 

何度も言いますが、
モテない男性がいるのではありません。
モテない状態の男性がいるだけです。

 

セックスをするために必要なモテとは、状態です。

 

今モテる男性は、モテる状態であるだけにすぎません。
モテる男性も、モテない状態になれば、彼らはモテないのです。

 

逆に言えば、今モテない男性も、
モテる状態にさえなれば、
これからいくらでもモテることは可能です。

 

その為に、

テストステロンを上手く活用しましょう。

 

下記のメルマガでは、
物語形式で僕のテストステロン物語から

テストステロン値を高めて、
セックスしまくれる状態を作るための企画を流しています。

興味があれば登録しておいてください。

”テストステロン革命”

 

それでは、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。