女性があなたに会いたくなって追いかけてくる、 モテる男だけが知っているテクニックとは?

未分類
Pocket

 

「女性あなたに

会いたくなって追いかけてくる、

モテる男しか知らないテクニック」

 

 

について、お話ししていきます。

 

 

 

 

 

こんにちは、

オリバーです。

 

 

 

今日も、あなたが最速で
モテる男になる方法の一部をお話ししますね。

 

 

 

 

 

 

モテない男性の9割は、

逆に自分が女性を追いかけてしまっていると思うのですが、

 

 

 

これ、完全にNGです。

 

 

 

 

女性は追いかけられると冷めるので、

ぜっっったいにこちらから追いかけてはいけません。

 

 

 

 

できれば、

 

 

「追いかけるのではなく、追いかけさせる」

 

 

という感覚を持って欲しいのですが、
いきなりそれは難しいというのは、

 

僕も理解しています。

 

 

 

 

なので、最初は、

 

「自分と相手のパワーバランスを同じくらいにする」

 

 

ということを意識してください。

 

 

 

 

どういうことかというと、

例えばLINEの頻度が、

 

 

向こうは6時間に一回、

こちらは1時間に一回返す、となってしまうと、

 

かなり相手の方が、

パワーバランス的に優勢になってしまいます。

 

 

 

なので、できれば、相手が返してくるの

と同じくらいの頻度で返すのが良いでしょう。

 

 

 

 

また、分量に関しても同じことが言えまして、

 

相手は2行に対し、

こちらは全力で6行とかになってしまうと、

 

 

それも明らかに相手の方に主導権がいってしまいます。

 

 

 

 

 

なので、分量の基本的には

相手より少し多いか、

少し少ないか、同じくらいにしましょう。

 

 

 

 

LINEというのは、LINEが上手いから

食いつきが上がることはそんなにないのですが、

 

下手だと、食いつ きが下がることはめっちゃあります。

 

 

 

 

下手というのは、

頻度・分量が相手より重たくて、

相手に冷められてしまうということですね。

 

 

 

 

人間は簡単に手に入るものには

価値を感じないので、

 

”ちゃんといい感じ”

 

にバランスを取る必要があります。

 

 

 

 

 

”ちゃんといい感じ”

 

に保つ方法として、

一番いい方法が、

 

 

女の子の存在を忘れる

 

ということになります。

 

 

恋愛は追いかけさせ合いのゲームなので、

返信は遅い方が有利です。

 

 

 

もちろん、多少の食いつきが

あることが条件ですが、

食いつきがあるのであれば、

 

 

返信をあえて遅くして、

相手に追わせることが可能です。

 

 

 

 

「あー、〇〇さんから返事こないなあ。」

 

 

と、あなたが思うのではなくて、

相手に思わせましょうよ。

 

 

 

 

 

勿論、すぐにLINEの返信が

 

欲しくなる理由はわかります。

& nbsp;

 

 

 

返ってこないと不安だし、

返信が来ると嬉しいですからね。

 

 

 

 

でも、よく考えてください。

 

 

 

きっと、恋愛の目的は、

その女の子とセッ○スしたり、

交際することだと思うんですよ。

 

 

 

今我慢して、

食いつきをコントロールすれば、

 

 

後で美味しい思いができるのに、

目の前の小さな快楽(LINEの返信)を優先して、

 

 

振られたり、セッ○スできなかったら、

本末転倒じゃないですか。

 

 

 

だからこそ、

 

 

「めっちゃLINE送りたい!!!!」

 

「早く返信欲しい!!」

 

 

 

という時こそ、

女の子のことを忘れるようにしましょう。笑

 

 

 

 

 

で、もっと根本な話をすると、

 

その女の子レベルの女性と、

他に10人同時進行で連絡を取っていたら、

 

 

 

「どうしてもLINEしたい!!!」

「返信欲しい!!!!」

 

 

 

という気持ちになりますかね?

 

 

 

 

そう、ならないんですよ。笑

 

 

 

返信が来ていることも、

返信がないことにも、気が付かない。

 

 

 

 

 

だから、

 

「出会いを増やしましょうよ。」

「見た目を整えて、マッチングする女性の数と質を上げましょうよ。」

 

 

と言っているんですよ。

 

 

 

そんな小さなこと(LINEの駆け引きとか)

どうでも良くなりますから。笑

 

 

 

 

その、「どうでもいい」という感情があるからこそ、

 

女性との駆け引きで、

自分を自動的に勝たせてくれるわけです。

 

 

 

 

僕も、LINEがどれくらい来ているとか、

誰から返信があるとかないとか、

 

ぶっちゃけ気にしてませんもん。

 

 

 

「自分が返したいタイミングで返して、

返せないタイミングでは無理して返さない。」

 

 

 

↑モテる人、みんなこれ言いますよね。

 

 

何故なら、余裕があるからなんです。

 

 

 

 

では何故、余裕があるのかというと、

出会いを自力で作れるからです。

 

 

 

 

結論なんですよ、これが。

 

 

 

恋愛を一番楽しめて

上手くいかせることができる人は、

 

 

恋愛ごときに本気にならない人なんです。

 

 

是非、この感覚を共有できればと思い、

今日のメールを書きました。

 

 

 

ちょっと難しかったと思いますが、

是非、意識して活動してくださいね。

 

 

 

 

それでは!

 

僕がマッチングアプリや
ナンパで抱いてきた女性達

 

・銀座のキャバ嬢兼看護師
(当時24歳・同い年)

 

・学生時代からずっと一軍の
美人看護師(23歳・二つ年下)

 

・同僚全員から口説かれた
丸の内OL(当時30歳・4歳年上)

 

・顔が可愛い
携帯ショップ店員(23歳・3歳年下)

 

・顔もスタイルも良い
保育士兼中洲のキャバ嬢(27歳・一歳年上)

 

・Eカップ美脚OL
(当時21歳・2歳年下)

 

・元女優・アイドルの
Fカップ23歳(当時23歳・2歳年下)

 

・男を転がすのが
趣味の21歳Eカップキャバ嬢(現役女子大生)

 

・エロいお尻の
アパレル店員(当時23歳・一歳年下)

 

・男に貢がせる天才パパ活女子
兼キャバ嬢(当時23歳・2歳年下)etc..

 

僕はこの10年間で、
500人以上の女性と知り合い、

100人以上の女性とデートを重ねて、
セックスしまくって
きました。

(総セックス数は1000回を超えています。)

数多の美女を抱いて、
コンサル生にも抱かせてきた
方法の根底にある考え方を、
この一冊に詰め込みました。

 

美女ハーレムレポートを受け取る

 

電子書籍も販売しています。

「弱虫少年がストリートナンパを経て恋
愛コンサルタントになるまで」

画像クリックで紹介ページの飛びます。

 

メルマガ登録で死ぬほど、
モテる為の情報が届きます

 

 

未分類
オリバーをフォローする
美女ハーレムの築き方
タイトルとURLをコピーしました