当たり前の事当たり前にできてますか?

この記事は2分で読めます

Pocket

こんにちは、オリバーです。

僕は元甲子園球児なので、
それなりに結果を出すことを宿命づけられて育てられましたが、

今となって、
「その教育がかなり役に立ったなあ。」
と感じることがあります。

例えば、恋愛においては
”当たり前の事をする力”がシビアに問われます。

代表的な例を挙げると清潔感。

髭を剃り、体型を維持し、匂いを気にして、歯をしっかり磨いて。

これって今の僕にとっては当たり前の事ですけど、
昔のモテなかったころの僕からしたら当たり前じゃないんですね。

そもそも見た目をかっこよくするという意識が低かったし、
髭もあまり剃ってなかった。

今思うと「そりゃモテないよw」と
笑ってしまいそうになりますが、
当時は真剣に、何がダメなのか分かっていなかったですからね。

そもそも髭を剃っても剃り残しがあったり、
まあいかなる点において基準が低かったんです。

清潔感における基準が低いということは、
見た目に対する基準も低いです。

本気でモテたいと思うのであれば、
最低でも「かっこいいね。」
「イケメンだね。」と言われるまで見た目を磨くべきです。

勿論、個人個人スペックに差はあります。

けど、自分ができる最大限の努力をしていれば
自然と自信が湧いてきます。

僕は油断するとすぐに太るので、
定期的に断食したり、毎日2回半身浴をしています。

そして肌が白いと顔がでかく見えるので、
なるべく日サロにも通います。

シャンプーやボディソープも
市販のものは刺激が強いので、
詳しい人に刺激の少ないシャンプーとボディソープを教えてもらい、それ以来はおでこのにきびや肌荒れも減りました。

ビジネスに関して言えば、
頭がぼーっとするのを防ぐために
基本的に米は食べないし、肉や野菜、卵を主に食べ、ジュースもほぼ飲みません。

飲むのは緑茶かコーヒー、それか水です。

酒はたまに飲みますが、
煙草もすいません。

自己肯定感が下がるのは嫌なので、
毎日亜鉛とノコギリヤシとマグネシウムをサプリで摂ります。

家にはいつでも筋トレできるように
ダンベルと腹筋ローラーを準備しています。

部屋が汚いと思考が冴えないので
いつでも部屋は綺麗だし、

思いついたことを常に書き留めておくために
常にコピー用紙やノートを用意して、
考え事があればすべて書きだしてまとめてあります。

(今年すでに10冊以上はノートを消費しています。)

人によっては、やり過ぎだと感じる人もいるでしょう。
でも僕にとっては全て当たり前のことです。

いわば習慣です。

ナンパをしていた時もそうです。

みんなナンパをしている時にしか
ナンパのことを考えていない。

僕はこれじゃダメなんです。

ナンパをしていない時間も、
している時間も、
寝る前も、風呂入ってる時も、
仕事してる時も、
いつでもどうしたらナンパが上手くなるか?

を考え続けてきました。

それを24時間考え続けて、行動しまくる。

別に新宿や渋谷に行かなくても、
最寄り駅でナンパはできます。

大学内でもナンパはできます。

カフェでもナンパはできます。

家でもネットを使ってナンパはできます。

結果を出す人、頭一つ抜ける人というのは、
これくらいのことは当たり前にこなします。

当たり前の基準を上げて、それを当たり前にこなす。

これができるかできないかで今日一日もそうだし、
来年再来年、近いとこなら半年先の人生が違ったものになります。

本当は10年、30年、一生、
なんなら来世と見て欲しいですが、
ピンとこないなら半年後くらい見ていきましょうよ。

当たり前の基準を上げて習慣化する。
これで人生が良くなるはずです。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。