10年前の俺、見ているか。

10年前、それはそれはコンプレックスの塊のような自分がいました。

モテたいけど、プライドも高く、行動もせず、人の目を気にしまくりな俺。

女に飢えて仕方なかった。

今思うとアホらしいが、こんな症状は珍しくない。

あの頃は比べて、今はいつどこで女と知り合っても自分のものにすることができる。

人生って変わるもんだなあ。

色々遠回りした中で感じたことは、どんなに辛くても向き合い続ければ必ず人生は好転するし、心にイガイガを抱えて生きるよりも、向き合ってしまった方が遥かに楽だということ。

 

高校野球の名門、沖縄の興南高校の我喜屋監督の本に

『逆境は逃げると追ってくる。逆境とは友達になっておけ。』

という言葉が書いてあった。

高校時代に読んだ本だったけど、今でも覚えているし、その通りだなと思う。

モテるようになって、今と昔で何が違うかって、やっぱり心の余裕が違う。

『どこで知り合った女ともすぐに仲良くなれるし、こっちの興味が湧けばいつでも関係が持てる。』

という心の安心感。安定感。幸福感。全能感。

ここまで来るのに長かったけど、頑張ってよかった。

女の子は気分屋だしめんどくさい部分もあるが、やっぱり可愛い。

可愛い子を見ると、俺はやっぱり女が好きだなあと感じる。

タイプの子だと、例え駅、電車、街中、職場、店、どこにいても声を掛けてしまう。

LINEが長く続くとめんどくさくなってしまうこともあるが、昔みたいにがっついいて振られることも減った。

キープは常に10人。

さて、今日は愛情を注げる女の子と出会えるかな。

おっと、仕事もちゃんとやらなくちゃね。

ではでは、行ってきます。

3月18日。

AM11:00

【非モテが100人抱いたノウハウ】無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

至って真面目な24歳。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球で公式登板。 早大卒業後、2年間の自己啓発(ナンパ・スカウト活動)を経て恋愛コンサルタントとして活動中。 ”超王道の恋愛学”を用いて、幸せな恋愛活動を送れる男性を世に輩出中。 また、テストステロンインフルエンサーを名乗っており、自信のない男性を救う手助けをしている。日本を高テストステロン大国にするのが夢。 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com