【恋愛戦闘力を上げる恋愛スクール】30日無料受講キャンペーン開催中!【ここをクリックで無料受講できます】

恋愛強者育成ロードマップ

Pocket

恋愛強者育成ロードマップ

 

・今回の教材のメインコンテンツになります。

 

メルマガの復習

 

人間には「恋愛能力」がある。

 

・好かれる力

・強者に見られる力

 

どっちかが強くないとモテない。

 

究極的にいい奴になるか、

強者になるかのどちらか。

 

強者とは?

 

女の子の頭の中に、男性ヒエラルキーマップがある。

人それぞれ優先度が違う。

 

お金持ち=ヒエラルキートップ

顔がいい=ヒエラルキートップ etc..

 

唯一、「モテる男」だけはどんな女性の中でも

ヒエラルキーのトップに位置付けられることが多い。

 

二つのアプローチ

 

・モテるように見せる(錯覚)

・実際にモテる(実力)

 

両方取り入れて行く。

 

最終到達点(目指して欲しいゴール)

 

自分から女の子を追う感覚が消えて、

ボランティアマインドを持てるようになること。

 

男性としてかなり仕上げっている状態。

今後恋愛の悩みは生まれない。

 

まずは強者として見られること

次に、自然体でモテる状態を作ること

最後に、自分の存在が女の子の為になっていると自覚するレベルまで感覚を磨きあげること

 

恋愛強者になる為に

 

①モテるように見せる方法

 

1.モテない人の振る舞いを消す

 

・自信がなさそう

・暗い

・笑顔が少ない(表情が少ない)

・服がカラフル

・デブorガリガリ

・きょどる

・目を見て会話をしない

・女々しい

・自分の意見がない

・女性に合わせすぎてしまう

 

モテない人の特徴

 

2.モテる人の特徴を理解する

 

・自信がある(目がすわっている)

・口角が上がっている

・自分のスタンスをはっきりと示せる

・いつも楽しそう

・笑顔が可愛い

・芯がある

・自己主張と共感のバランスが良い

・陽キャ寄り

・穏やかだけど女々しくない

・全体的に何をやらせてもできそう

・バカには見えない

・相手の感情を読める(理解できる)

・より多くの価値観を理解できる

・人のいじり方がうまい

・誰とでもフラットに接することができる

・人に萎縮することがない

・話が面白い

・人の感情を深掘りできる

・空気が読める

・場の中心人物

 

↑モテる人の特徴

 

これの模倣したキャラを自分の中で作り出す。

モテる人像を意識して日々生活する。

実際に女の子の前でもこの通りに振る舞う。

 

「いきなり全部は難しい!」

 

→絶対に押さえるポイントは二つだけ

 

①女性を見下す

②女性だと意識しない

 

女性慣れしていない時は、

どうしても自分の力を発揮できない。

 

→意識してしまっているから。

 

恋愛能力が高くない時は、

女性のパワーに負けてしまうことがある。

(特に可愛い子/綺麗な子/性的魅力を感じる子)

 

気圧されてしまう。

 

→エロい子とか可愛い子と接する時に下心全開モードになってはいけない。

→IQが下がって、ろくに会話もできなくなる

 

そこで大事になるのが、一切、女だと思わない感覚。

 

絶対に思ってしまうんだけど、

それでも頑張ってデレデレを封印する。

 

デレデレするのは相手が食いついてきてから。

 

まずは相手の心に入り込むことを一番に考える。

 

自分の性のパワーが弱いうちは、

相手は自分のことを性の対象としては見て来ない。

 

→心の入り込むしか勝ち筋がない。

 

相手の容姿に一切目をくれないで、

とにかく自分の心に入り込んで、仲良くなる。

 

(下心を完全に消すわけではない。相手から見えないようにする)

 

相手の容姿レベルが高ければ高いほど、

容姿だけ褒めてはいけない。

 

(褒めちゃいけないわけではない)

 

褒める時も、遠回しに褒めること。

 

(例)

 

自分 「みんなどんな感じ?」

美女 「結構ガツガツ来るよ(笑)」

自分 「まあ、そうだよねえ(笑)」

 

くらいの、容姿がいいのは認めてるけど、

わざわざ直接褒めることもしないスタイル。

 

その時の表情も、相手に読み取らせない。

そこまで表情を変えない。

 

性のパワーが低いうちは、

相手を接待(気持ちよく)させたもの勝ち。

 

ひたすら相手の女の子の弱点であるキャラクターを演じ続ける。

 

・話を聞いて欲しいタイプ

・いじって欲しいタイプ

・好きって言われたいタイプ

・追いかけたいタイプ

・ガツガツ来られたいタイプ

 

人によって違う。

 

綺麗な子に多いのは、

・追いかけたいタイプ

 

若い子に多いのは、

・話を聞いて欲しいタイプ

・ひたすら押されたいタイプ

巨乳に多いのは、

・一切体を見て来ないタイプ

 

などなど。

 

普段どんな思いをしているのかを想像して、

他の男性がしていない事をする。

 

基本的に、キャバ嬢とか容姿のいい女の子で、

駆け引きしたいタイプの子は多いです。

 

(キャバ嬢は仕事上駆け引きせざるを得ない)

 

恋愛能力が低い時にキャバ嬢に入れ込むのは危険。

(特に六本木や歌舞伎町などの専業)

 

キャバ嬢ゲットしたいなら、

駆け引きを楽しむくらいがいい。

 

キャバ嬢は駆け引きで勝てば手に入るご褒美

                            or

    ノリで持っていく

 

とにかく最初は入れ込んではダメ。

 

恋愛スキルが上がれば自然と抱けるようになる。

小悪魔系のモテる女の子も同じ。

 

心に入り込むとは?

 

二人だけの物語を作る事。

 

二人で過ごす時間の中に

どれだけ感情の揺れ動きがあったか?

(特に相手)

 

相手の感情を握ってぐらぐら揺らすイメージ。

 

相手の本心や、人生の核心に迫ること。

 

絶対に、何か知らの心の闇のようなものを抱えている。

(絶対にある)

 

全ての会話・デート・メッセージ・LINEは

相手の本心・心の闇を探るためにある。

 

その女の子の核心はどこにあるかを探るために会話をする。

 

その核心にどれだけ早く、

正確に近づけるかが鍵となる。

 

恋愛以外でも同じ。

ビジネスでも人間関係でも。

 

相手の軸になっている価値観を見つけて、

そこに共感する。

 

ここができない人は、

浅い会話ばかりでつまらない人と思われたり、

価値観が合わないと思われる。(=深い関係にならない)

 

その深い価値観を共有して、

心の深いところで握手するような感覚を持つ。

 

心の中で繋がっている感覚を持つ。

(どんな関係にもなれる)

 

これが、性のパワーがない時の基本戦略。

ひたすら相手の心の奥底に入り込んで、

二人だけの物語を作る。

 

「最初会った時はこうだったけど、

時間が経つにつれてこんな風に仲良くなっていったよね。」

 

というように、後で振り返って笑いあえるような関係がベスト。

 

「いかに深い結びつきを作れるか。」

 

ここを面倒くさがると、打診()に断られる。

 

良く恋愛ノウハウとかで、

「行けるか分からなくても行け!」みたいなのがありますが、

それは間違いで、行ける時は、「行けるな」と分かる。

 

打診のフレーズごときで評価が覆ることはない。

関係性ができていればなんと言おうが行けるし、

できていなければ何しても無理。

 

深い結びつきを作る訓練

 

電話をたくさんすること。

 

電話のメリット

 

・外面が見えないため、内面に特化した会話ができる。

・会ってる時に評価を上げるのが難しい場合は、電話で好きになってもらってから会える

 

電話のテンプレート

 

あんまりテンプレ化はしたくないが、

今回は特別に教えます。

 

挨拶「よう、何してんの?」 アイスブレイク

浅い会話 「最近どう?」 

恋愛話の入り口 「彼氏は?」

 

いる場合

「彼氏とはどれくらい付き合ってるの?」

「彼氏のどこが好きなの?」

「順調?」

「浮気は?」

 

攻略のヒントを探す。

(価値観を探る)

※彼氏はディスらない。

 

あくまでも最初は価値観を探る。

 

いない場合

「いつから彼氏いないの?」

「なんで別れたの?」

「最近エッチした?」

 

→した場合

「誰としたの?」

「どんな流れで?」

「他には?」

 

貞操観念を探る。

やりたい感を出していいか、ダメなのかを探る。

 

結構赤裸々に語ってきた場合は、

割と簡単に行けるケースが多い。

 

その場合はセックスについて語り合ったりして、

「やりたくなってきたわw」

みたいな方向に持っていく。

 

→「私も」 確定

→「やめてよw」 押せばイケる

 

・電話でオナニーさせてもいい

・自分がするのは微妙

 

一回そういう関係になれば、後は話が早い。

 

「こんなに上手く行くの?」と思うかもしれないが、割といける。

 

ここまで行けば、「会おうよ」と言ってアポに連れて行く。

直ホも可能だし、家に呼んでもいいし、カラオケを挟んでもいい。

 

俗に言う仕上がった状態。

 

→ワンナイト事情を言わない場合

 

ありそうであれば、しつこくない程度に聞く。

どうやって見分けるか。

 

→男慣れしていそうかどうか

→喋り方

 

→言わない上にワンナイト事情がなさそうな場合

→ワンナイトはしたことないと言い切る場合

 

時間をかけるしかない。

セックスだけが目的なら時間かかるし切っても良い。

 

いい子の場合が多いので、

率先して切るのはもったいない気もする。

 

このパターンは、

恋愛と性欲を一緒にしてないケースが多い。

 

人間性を見てくるタイプ。

ここで有効なのが、心に潜り込むパターン。

 

貞操観念緩い子は、セックスまでの工程を短縮できるが、

本当に真面目なタイプは短縮できない。

 

(※真面目系ビッチもいるので注意)

 

真面目タイプを引いたら、

向こうも絶対彼氏にする気でいるので

応じるつもりがあるなら仲良くなる。

 

一切応じるつもりがないなら、

最初から手を引いた方が相手には優しい。

 

こういう子は素直な子が多いので、

好きにはなって貰いやすいけど、騙すと罪悪感が半端じゃない。

 

チャラそうな感じを少し出すことで、

相手の精神ダメージを和らげて上げることができる。

(期待させない)

 

対女性において全てに言えることだが、

相手がこっちに完全に惚れるorセックスするまで好きにならない。

 

セックスする前に好きになると色々大変。(特に経験が浅いうちは)

 

好きにならずに、

淡々と相手を仕上げる訓練をすると、

どんどん女の子の心をコントロールする力が身につく。

 

×20〜30人くらいやると、

全体的に能力が2回りくらい上がる。

 

(自信・コミュ力)

 

②モテる男になる方法

 

どんどん恋愛能力が上がる。

→出会った瞬間に、どういうルートを辿ればセックス(交際)できるか見えるようになる。

(ステージが一ランク上がる)

 

無根拠の自信と、謎の余裕が生まれる。

 

「自信には根拠がいる」って人もいるが、

この手の自信は本当に根拠のないやつ。

 

(強いて言えばテストステロン値)

 

ガチ無根拠の自信

(ホルモンバランスがモテに傾いている証拠)

 

この無根拠の自信と余裕を纏い出すと、

無意識でモテるようになる。

 

自然体への突入。

 

素の自分が大幅にアップデートされて、

何もしなくてもモテる状態。

 

目まぐるしく日々が過ぎる。

毎日別の女を抱くのが当たり前な状態になる。

 

性格も大きく変わる。

自信満々で、少し調子に乗った性格になる。

(悪いことではない)

 

このモテスパイラルは非常に楽しい。

だけど、女遊びを止めると急にモテなくなる。

(その時はそんなことは思わない)

 

ここら辺で、性のパワーが

どうたらって僕が言っていた事が分かるようになる。

 

性のパワーの赴くままに、

美女や可愛い女の子とやりまくる。

 

最初の壁は勢いで突破する。

 

上手くいく時は、

何も考えずにするっと行ける。

 

ダメな時は、どんだけ考えてもダメ。

 

ホルモンバランスが悪い方向へ働いているので、

とりあえず誰でもいいからセックスする。

 

(セックスするとテストステロン値が回復する)

 

女遊びしてない時は、いきなり可愛い子にいかない。

そこそこの子で体を慣らす。

 

・オナ禁

・筋トレ

 

はテス値上げに役立つが、

やっぱりセックスが一番。

 

女を抱くを日常にする

 

日替わり弁当のように毎日抱きまくっていると、

テストステロン値がどんどん上がり、体が美女や可愛い子に慣れていく。

 

選り好みせず、抱ける女から抱いていく。

 

常に「より可愛い子、綺麗な子」という意識を持つ。

 

ブスとやるとブスにモテるようになり、

美人とやると美人にモテるようになる。

 

出会いのリソースを開拓しまくり、

常に新規を手当たり次第探す。

 

今やれない女は、

どうあがいてもやれないので、

(相手が自分とやりたいと思っていないとやれない)

振られても一切気にせず次に行く。

 

女は自分を抱くことに躊躇してる男を見ると萎える。

 

この手当たり次第ガンガンいく感じが、

女からすると意外に丁度よかったりする。

 

(ある意味女に感情を持たないことは大事)

 

自分よりレベル高い女と出会ったら、

躊躇するときがあるが、

そういう時も一切気にせずGOする。

 

もし振られても気にしない。

 

出会い作りに関して

 

手当たり次第女を抱きに行くとなっても

出会いがないと始まらない。

 

まず、マッチングアプリは完璧に攻略するべし。

※別途コンテンツ配布してます。

 

ナンパしたいなら、クラブや飲み屋からスタート。

ストは合流推奨。

(会員増えてきたらスト講座もやるかも?)

 

紹介を活用しまくる。

 

一回遊んだ女の子に他に遊べそうな子を紹介してもらうとか、

飲み会・合コン・パーティをどんどん企画する。

 

合コンに誘える男友達も作る。(イケメンも混ぜる)

女の子は男と違って顔だけで決めてない。

(当然自分もイケメンになる努力をする)

 

やれなさそうな女の子とも絶対LINEを交換して仲良くなる。

その友達にまた飲み会を開いてもらってどんどん枝を増やす。

 

どこかで、チャラい男友達と知り合うことになる。

→そいつとナンパしたり、女の子紹介して貰う。

 

理想は紹介が永遠に連鎖していくこと。

 

特に芸能系や、夜職なんかはナンパやアプリだと捕まえにくい。(いるけど)

 

一人芸能系や夜職見つけたら、どんどん飲み会やって知人を増やしていくこと。

紹介は、最初から信頼があるので最もゲットしやすい。

 

パパ活アプリも使える。

 

意外とパパ活以外でも会ってくれる子もいる。

キャバクラと同じで、プロだけど所詮女の子。

 

こっちの状態が仕上がっていれば、

問題なくゲットできる。

 

どうしても無理な子もいるのでそれはまあスルーで。

 

「パパ活目的じゃないですけどいいですか?」

 

って感じで聞けばオッケーしてくれる子もいたり、

 

「パパ活してみようと思ったけど怖い。。」

 

って子もいるので探してみよう。

 

再度繰り返しになるが、

「セックスするまで好きにならない」ことを徹底する。

 

(調子がいいときは自然とこうなる)

 

付き合うとかも、

基本はセックスしてから考えるくらいでオッケー。

 

それでもセックスする前に好きになったら、

それはその子のことが本当に好きだから大事にしたらいい。

 

圧倒的に見られ方が変わる。

謎のオーラがビンビン出る。

 

もはやこれだけで口説ける。

自分の存在そのものが女の子にとってメリットの塊みたいな状態になる。

 

自身のスト高化。(ナンパ用語)

 

今までは、美女に価値を抱いていたのが、

いつしか自分が価値そのものになる。

 

女の子の視線が変わります。

 

街を歩けば女の子から視線が来るようになり、

話せば嬉しそうな顔をされます。

 

この段階までくると、

完全にボランティア状態です。

 

求められるから遊ぶくらいの感じ。

(スポーツと同じで、休むと鈍る)

 

どこを区切りにするか?

 

いろんなパターンの人がいる。

永遠にまだ見ぬ美女を追い求め続ける人もいれば、

大本命を見つけて辞める人もいる。

 

僕は、やりすぎて女性に一切興味を持てなくなったのでやめました。

 

まあ、元々あったコンプレックスも全部なくなったし、

最高に刺激的な日々だったのでなんの思い残しもありません。

 

どこが区切りになるかは人それぞれなので

僕には分かりませんが、

一つ言えることは、「頑張ってよかった!」ってことですね。

 

ヘタレでモテなかった僕がここまで恋愛について語れて、

人に教える立場になるとは昔の僕は想像もしなかったでしょう。

 

それくらい、人は変われるということです。

 

次は、あなたの番です。

 

この音声は、何回も繰り返し聞いて、

モテる男の感覚をご自身の体にトレースしてくださいね。

 

恋愛強者育成ロードマップ  ご静聴ありがとうございました。