【恋愛戦闘力を上げる恋愛スクール】30日無料受講キャンペーン開催中!【ここをクリックで無料受講できます】

口説くなのではなく、口説かせる

Pocket

自分から口説くのではなく口説かせる

 

この講座を見てしっかりと実践している方であれば、

そろそろ女の子にも慣れてきた頃だと思います。

 

どこがスタート地点になるかあ人それぞれだと思いますが、

少しずつ前に進んでくれているようであれば、僕としては嬉しく思います。

 

さて、最近は自分から口説くということがめっきりなくなってきました。

 

自分から口説こうとすると、エネルギーもやたら使うし振られるリスクもありますよね。

 

そこで、今回教えるのは、「口説かれる力」です。

 

この辺のテクニックは、めっちゃいい女に使えます。

というか、「口説いたら負けになる女性」がこの世には明確に存在していて、

その多くは、自己肯定感が高く、容姿も美しい女性です。

 

「口説かない」と言っても、

奥手に慣れというわけではなくて、

 

「自分はどっちでも良いよ。君のことは好きだけどね」

 

というスタンスを保つ必要があります。

 

一定以上のレベルの女性になると、

 

「ガツガツ口説く=価値がない男」

 

というように認識する女性もいます。

 

特に僕たちが本命にしたいような、

顔も性格も良い女性は、口説かれたいなんて思っていません。

 

「好きになった人に好かれたい」

 

と思っています。

 

これはいつも言っていることですが、

口説く前に、好きになってもらうことを考えるべきです。

 

女性の頭の中には、

 

「圧倒的に人間力が高くて、尊敬できてモテるんだろうけど、チャラくない人」

 

という理想像があります。

 

僕たちは、この

「圧倒的に人間力が高くて、尊敬できてモテるんだろうけど、チャラくない人」

を全力で作りあげる必要があります。

 

当然、最初は振る舞いから真似ます。

 

「圧倒的に人間力が高くて、尊敬できてモテるんだろうけど、チャラくない人」

 

こういう人なら、どういう思想・言動・行動・習慣を持っているだろうかと常に考え、

その通りに振舞う必要があります。

 

素の自分などここでは必要ありません。

 

自分を、外側からも内側からもアップデートする必要があります。

 

例えば、女性から恋愛面に関する質問を貰ったら、

事実かどうかは関係なく、

 

「最近は遊んでないよ(いつでもできるけど)」

    or

「先週ヤッたわ」

 

のどちらかのキャラクターを演じる必要があります。

 

女の子はチャラいのは嫌いだけど、

モテない男はもっと嫌いです。

 

「モテるけど、遊んでない(女遊びに興味がない)」

「求められて、いい女だったら応じるかもね」

 

という圧倒的な余裕と自信を常に兼ね備えた男であるべきです。

 

恋愛は究極的には、このモテ男キャラクターをどこまで作り上げることができるか?その一点に尽きます。

 

「この人はモテる人だ」

「この人は尊敬に値する」

「この人はすごい人だ」

 

と思われることができれば、口説く必要はありません。

 

相手から、「抱いて」とすり寄ってきます。

 

最初は、当然ハッタリですが、

これを続けていくと、自然とこういった振る舞いができるようになります。

 

そして、日頃から女性にそう思われるための積み重ねを行っていくことが、

いい女に口説かれるコツです。

 

モテる為にキャラを演じるのは当たり前のことです。

 

しっかりと女性に夢を見せて、そしていつか、

会えるだけで夢のような男になりましょう。