経済的自由を達成する為の方法を考えてみた

経済的自由を達成する為の方法を考えてみた
Pocket

こんにちは、オリバーです。

 

今回は、経済的自由を達成する方法についてお話ししていきます。

 

 

まず、前提共有として
経済的自由とは何かと言いますと、

・お金の為に働かなくていい状態

・生活費>資産所得

 

が達成された状態のことです。

(少なくとも僕の解釈はこれです)

 

 

お金の為に働かなくていい状態とは、

自分が生きる上で必要なお金を計算して、
その金額が貯まった状態のことです。

(資産も含む)

 

例えば、1年間の生活費が500万円の人は、
その後70年生きるとして、3億5000万円必要になります。

 

年/200万円で済む人は、
1億4000万円くらいですね。

 

まあ、その辺は自分で計算して欲しいのですが、
ざっくり2億〜5億円くらいですかね。

 

で、

「この2億円〜5億円をどうやって若い時に稼ぐか?」


というのが本記事のテーマになります。

 

 

僕としては、

「企業で働き続けてやっと数千万円貯まった!」

というのは、
もうきついと思っていたりしますね。

 

これは企業の体力にきついという話ではなく、
生き方の問題ですね。

 

収入を一箇所(会社)に依存する=命綱を他人に握らせている

 

ということです。

 

会社は社員を食わせる為にある訳ではないですからね。

 

 

企業は利益を出して、
株主とオーナーを喜ばせる為に存在しているので、
言い方は悪いですが、社員は経費です。

 

もちろん、雇用することで
人々の生活を守るという役割も持っていますし、
どの会社もそうしたいですよ。

 

だけど、現実問題会社が傾いたら、
リストラせざるをえないこともあるわけです。

 

今回のコロナ騒動でも、
首を切られた人はいるのではないでしょうか。

 

そうなった時に、

「収益源が一箇所にしかありません」

 

では、困るのは自分だよね、という話です。

 

 

僕は起業を勧めている立場の人間としては珍しく、

会社員賛成派です。

 

 

世の中の論調では、
会社員かフリーランスかのような
二軸で議論が進んでいますが、

 

重要なのは、
自分が楽しく生きることができるかどうかや、
経済的自由を達成できるかどうかだと思っているので、
使える手段は何でも使うべきだと思っています。

 

 

例えば、高学歴で外資系企業や、
総合商社に勤めている人が脱サラして
一か八かの企業するなんて正直アホとしか思わないです(笑)

 

 

せっかくいい会社にいて
収入もそれなりにあるのであれば、

 

そういった会社は大体、
休みもちゃんと取れるので、

休みの時間を使って副業としてスタートさせて、
利益が給料を超えたら脱サラとかでいいと思います。

 

仮に学歴がなくても、
最低限ブラックじゃない会社にいるのであれば、
会社員として給料貰いながら起業すればいいですよね。

 

 

この国はお金さえあれば
自由に生きていくことができる
というのは事実としてあるので、
それを目指して一時的に活用すればいいと思います。

 

 

はい、それではそろそろ本題には入ります。

 

数億円の資産を得るための方法

 

1.雇われでコツコツ貯める→投資で薄く伸ばす

 

まあ、王道というか一般的ですね。

資産を変えるまで永遠にコツコツ倹約して、
株や不動産投資で薄ーく利益を伸ばすという方法です。

 

株や不動産もそれなりに元手がいるので、
少なくとも3000万円くらい貯めて、
それから投資に回していく方法ですね。

 

投資先としては、一般的なのはSP500(アメリカのインデックス)や、
利回りのいい戸建てを見つけて、
資産君(株や不動産)が、
自分のお金を増やしてくれるまでやり続けるという感じですね。

 

メリットとしては、固い。安定。

デメリトとしては、時間がかかる。あんまり面白くない(かも)

 

サラリーマンの方で、
いきなりFXとか始める人が多いですが、ダメです(笑)

あれはギャンブルです。

バイナリーオプションもダメです。

 

 

2.サラリーマンの信用を生かして融資引いて投資

 

サラリーマンとして早く結果を出すには、
これが現実的かもしれません。

 

サラリーマンはそれなりの企業であれば融資が引けるので、
めぼしい物件を探して、見つかったら融資受けましょう。

 

綺麗にして、
お客さん付けて、
儲かる状態にしてから売れば、
まとまった金額が手に入ると思います。

 

それを元手にまた投資先探して・・

ということを繰り返してお金持ちになる人もいますね。

 

 

3.起業して稼ぐ(副業も含める)

 

僕は全人類起業するべきだと思います。

 

起業ってやたらハードル高く感じますけど、
要は自分で商売しましょう。ってことです。

 

今の時代いろんなビジネスがありますよ。

 

どんな人でも、
自分の天職と呼べるものと出会える時代だと思います。

 

僕のオススメは、
資金がないうちは絶対に
情報発信やマーケティングをお勧めしています。

 

 

学んで実践すれば誰でもできるようになる上に、
資産性も高く、利益率も高い。

 

一度覚えれば他のビジネスにも転用できるので、
スキルとしても優秀です。

 

一つだけハードルがあるとすれば、
考えるのがどうしても嫌いな人は無理ですね。

勿論、考える力は鍛えるものなので、
訓練すればできるようになるのですが、

その負荷に耐えられない人というのかな、
そういう人は厳しいかもしれません。

 

他にも起業ネタは世の中に沢山あります。

 

エンジニアで会社を通さずに
知り合いの社長から案件受託して開発するとかも、
起業の内に含まれるし、

営業マンとして案件抱えて走り回るのも起業ですね。
(フリーランス含む)

 

元いた会社で学んだスキルと
人脈使って独立する人もいますね。

(これは会社の規定に違反しないように気をつけてくださいw)

 

 

要は、給料以外でお金を稼ぐ方法を身につけて、
それを拡大できれば数億円に届きますね。

 

大事なのは、0→1を達成したら拡大するという発想ですね。

(飯が食えて満足してしまう人も多いので)

 

まとめ

 

ざっくりとした解説でしたが、
いかがだったでしょうか。

 

 

いずれにしても、

雇われで行くなら不動産・株の勉強は必須で、
起業するなら0→1をどう達成するかが全てじゃないですかね。

 

僕は情報発信をお勧めしますよ。

 

それではー。

 

 

お金の話カテゴリの最新記事