「センス」に対する僕の結論

「センス」に対する僕の結論
Pocket

こんにちは、オリバーです。

 

今回は、「センス」についてお話ししていきます。

 

さて、みなさんにとって「センス」とはなんでしょうか。

 

 

僕は幼い頃から野球ばかりやってきたので、
当然、その中でセンスのいい人をたくさん見てきました。

 

 

野球の世界で言うところのセンスとは、

 

「大して訓練していない(ように見えるのに)投げ方や打ち方が綺麗」

「何故かプレーに華がある」

 

とかですね。

 

僕は野球の世界では能力は高い方だけど、
正直、センスはなかったと思っています。

 

ここまで読んで、

「はいはい、努力が大事って言いたいんでしょ」

と思った人もいるかと思います。

 

大体合ってるんですけど、
ニユアンスがちょっと違うんですよね。

 

 

僕は、野球に関してはめちゃくちゃ努力しました。

だって、一応最高球速145キロ超えてますからね。ええ。

 

だけど、僕がセンスのある動きをしていたかというと、
ぶっちゃけ動きにセンスはなかったと思います。

 

「センスはないんだけど、
努力で無理やり能力を上げた選手」

 

みたいなニュアンスですね。

 

「めっちゃフォームが綺麗なわけではないし、
動きに華があるわけでもないけど、投げてる球は凄い」

 

みたいな感じですw

 

これは僕がセンスがなかったからで、
きっとセンスがあったら、

 

「投げてる姿もかっこいいし、投げてる球も凄い」

 

になるんですよw

 

 

で、僕が何故センスがなかったのかというと、

「親や周囲に言われるがままやっていたから」

です。

 

要は、自分の意思がなかったんですよ。

いわゆる、「やらされる努力」ですね。

 

 

本来、正しい努力とは、

「その行為自体が好きで、止められてもやってしまうこと」

です。

 

そういった努力ができる人は、
いわゆる「センスのある動き」
ができるようになるのですが、

その源は、

なりたい自分の姿が明確であること

 

です。

 

僕は巨人軍の坂本選手なんかは
センスのある方だと思うのですが、

彼は、

「打てて守れて走れるかっこいい選手になりたい」

 

という明確な目標があり、
努力をしているという感覚がなく、
めっちゃ努力しているような気がするのです。

(知り合いじゃないし練習を見たわけではないので、僕の感想です)

 

 

誰かに強制されて練習しているのではなく、
子供が好きなことに夢中になって遊んでいる感じに近いと思っています。

 

 

自分がなりたい姿をイメージして、
その通りにプレーする努力をしているので、
結果的に「センスがあるように」見える。

 

逆のパターンで考えてみましょう。

 

「センスがない人」ってどこにでもいると思うのですが、
そういう人って、

どこかやりたくなさそうじゃないですか?笑

 

少年野球にいる小学生の約半分は、
正直親のエゴでやらされていると思っているのですが、

当然彼らは、
自分の意思でやっているわけではありません。

 

親や周囲の人に、「やりなさい」と言われてやっているわけです。

ちなみに僕も、そのタイプでした。

(当時はサッカーが好きでしたw)

 

 

僕は途中から野球が好きになって、
それから急に上手くなったのですが、
それは、楽しくなって、自分から練習するようになったからです。

 

学校が終わると、図書館に行って、
野球の本を読みながら、
新しい変化球の握りを覚えたり、

今度はグローブとボールを持って、
壁当て(壁にボールを投げる練習)をするようになりました。

 

 

そういうことを自分からやるようになって、
やっと僕は野球が上手くなりました。

 

父がめっちゃ熱心だったので、
毎朝晩練習を強制的にさせられていましたが、
それでは伸びないんですよ。

 

練習は結局、

自分でコツを掴むために行うものなので、
やらされてる時点で無意味なんですね。

 

 

センスがあるように見える人は、
理想の自分の姿があるので、
見えないところで努力しているものなんですね。

 

 

ただ無意識に、なりたい自分に向かって
やっているだけだから、
本人は努力とも思っていないし、
暇さえあれば取り組んでるような状態です。

 

 

世界陸上で何度もメダルを
とったことのある為末大さんという方が、

自著「限界の正体」で、

努力は夢中に勝てない

ということを書いていたのですが、
それと同じ意味だと僕は考えています。

 

⬇︎面白い上に役に立つ本です


今回は野球の話をしたいわけではないので、
今から恋愛とビジネスの話に繋げていきますね。

 

ここまでの話をまとめると、

センスとは、
「好き」であり、
「楽しい」であり、
「意思」であり、
「理想」であると考えています。

 

「好きだから頑張れる」

「理想を叶える為に(無意識で)努力する」

 

ということですね。

 

 

野球だけではなく、

恋愛も、ビジネスも、「理想」があって、
それを叶えたいという思いが強い人は、
それを叶える為に行動するので、

結果的に「センスが良く」見えます。

 

 

では、「理想」や「好き」がない場合はどうしたらいいでしょうか?

 

 

例えば、スポーツや特定の科目に
興味がなくて好きになれない場合は、
「やらない」という選択肢を取ることができます。

 

 

野球やサッカーをしなくても生きていけるし、
仮に勉強の中でどうしても受け付けない科目があっても、
やらないという選択肢を取ることができます。

(進路は狭まるかもしれませんが)

 

 

だけど、「お金」と「恋愛」って、
避けようとしても無理じゃないですか。

 

逃げるという選択肢は一応ありますけどね。

 

お金は生活保護で賄い、
恋愛はしないと決めれば、ですが。

 

まあ、なくても生きていけるけど、
さすがに面白くないですよね(笑)

 

 

僕は恋愛もビジネス(お金)も、
生きていく上では必ず必要だと思っているし、
きっと皆さんもそうだと思います。

 

 

だけど、恋愛やビジネス・お金に対して、
「好き」「楽しい」「理想」にという感情を持てない場合、

いわゆる「センスのない人」になってしまうわけですね。

 

 

ではどうするかと言うと、選択肢は2つあります。

①努力でカバーする

②「好き」を探す

 

この二つですね。

 

①を選ぶ人は結構多いんじゃないかなと思っています。

 

特に仕事やビジネスに関しては、
センスがなくても、


「そんなこと言ってられるか!」

というテンションで乗り越える人が多いし、

実際それでいいと思っています。

 

やらされる努力でOKです。

 

なぜなら、
仕事はトップ0.01%にならなくても飯が食えるからです。

 

 

それに、やっているうちに好きになることもありますからね。

 

 

僕も野球は最初大っ嫌いだったけど、
だんだん好きになったし、

マーケターという仕事も、
最初はあまり好きではなかったですが、
今では大好きな仕事に変わりました。

 

 

これは、ごく一般的な社会人が辿る道であり、
誰でも似たような経験はあると思います。

 

逆に恋愛で、努力でカバーしようとする人は、
そこまで多くない印象ですね。

 

 

②の「好き」を探すというのは、
ハマればかなり強いです。

要はセンスが発揮される仕事なので、
いわゆる天職と言うやつですね。

 

が、そう簡単に見つかるものでもないですね。

 

運要素が強いのと、
「とりあえずなんでもやってみる!」

みたいなマインドと、
実際の行動量が必要になります。

 

ただ、お金を稼ぐとかの話になると、

最初は、

儲かること>>>やりたいことが絶対の正義

(※重要)

ですので、

「好きなんか探す前に金稼げ」

 

という話になります。

 

当然、「好き」と「稼げる」を両方追えるのが最高です。

 

 

ただ、恋愛の場合は、
「結果」よりも「好き」を重要視する人が多いですね。

ここでいう「好き」とは、
「自分のこだわり」です。

 

何度も言っていますが、
恋愛における「自分のこだわり」は、
相手が価値を感じていなければ無意味です。

 

例えば、

「女の子はこういう見た目や服装の男が好きだから、
それに合わせるてこの見た目を選んでいる」

 

というのは、
これは「相手都合の自分のこだわり」なのでいいと思うのですが、

「自分はこれが好きだし、
女の子にもこれを好きになってほしい」

 

は、自分都合のこだわりなので、
結果に繋がりにくい傾向にあります。

 

もし自分の好きが、
相手の好きと一致しているのであれば、
それこそ最高ですね。

 

だけど、相手が「センスがいい」と思っていれば
それは「センスがいい」ことになるので、
基本は相手や周りに合わせるのが無難です。

 

 

今回はセンスの話題なので
センスについての話に戻りますが、

僕は「センス」とは、
「好き」と「結果」の延長線上にあるものなのではないかと考えています。

 

 

「センスというものは、
好きなことで結果を出そうとするときに、
最大限効果を発揮する」

 

もしくは、

「好きに結果が伴うと、
(結果に好きが伴うと)センスがあるように見える」

 

といった感じではないでしょうか。

 

なので、センスを発揮するには

 

・好きなもので結果を出そうと努力する

・結果を出せるものの中から好きを見つけ出す

 

どちらかしかないと思っています。

 

まあ、あくまでも持論なので、
参考にして貰えればと思います。

 

それでは!

 

マインドカテゴリの最新記事