【ネットビジネスで30万円稼いでみよう】④ネットでの無形商材の売り方

【ネットビジネスで30万円稼いでみよう】④ネットでの無形商材の売り方
Pocket

こんにちは、オリバーです。

今回は無形商材の売り方について話していきます。

 

ネットで稼ぐ為には無形商材を販売する事をお勧めしているので、

今回はこのテーマでやっていきます。

 

無形商材は前回お話しした通り、

売り手の能力で値段も、そもそも売れるかどうかも変わります。

 

無形商材を売る場合は、

そもそも顧客との関係性がどの程度であるか、によって変わります。

 

 

例えば、顧客が販売者の能力や商品の性能を高く評価していて、

販売者に対する好感度も高く、

顧客のニーズと合致すれば取引は成立します。

 

商品に対する信頼度×販売者への信頼度×ニーズ(そもそも欲しいかどうか)=成約する確率

 

 

つまり、お客さんにどれだけ信頼して貰えるか、

そして商品の効果を確信してもらえるか

この二点を抑えることができれば、

商品を販売することができます。

 

今回は、この二点を踏まえて、商品の売り方を解説していきます。

 

ネットで稼ごうと思った時、

販売する商品は大まかに分けると2種類あり、

それは自社商品アフィリエイトです。

 

自社商品は、

自分の講座やコンサルを作って売るもので、

多くの人はこれはハードルが高いと感じます。

 

そこで、「アフィリエイト」という成果報酬型広告がお勧めです。

 

すでに商品を作っていて、

インフォトップなどに報酬設定してある物を販売することで、

対価を貰えるモデルです。

 

アフィリエイトできる商品はインフフォトップやA8.netにに沢山あるので、
その中から、自分が紹介できそうな商品を選ぶ必要があります。

 

 

商品をアフィリエイトする場合は、

その商品をただ紹介するだけではなくて、

その商品に付加価値を加えて販売するのがおすすめです。

例えば、恋愛系の教材をアフィリエイトする場合は、

 

・その商品が自分にとってどんなものなのか

・この商品はどんな人が買うべきなのか

・この商品を買って実践することで、どんな未来が見えるのか?

 

ということを発信していく必要があります。

 

それに加えて、「プロモーションアフィリエイト」という手法を使います。

 

例えば、

「僕のリンクから買ってもらえれば、3ヶ月間の通話サポートをおつけしますよ。」

「僕のリンクから買ってもらえれば、僕が作った講座を特典でプレゼントしますよ。」

 

といった形です。

 

このようにサポートをつけることで、

周りの販売者との差別化もできるし、

顧客満足度を上げることができます。

 

例えば、アフィリエイト報酬が1万円の商品があったら、

それを30人に販売すれば、30万円稼ぐことができます。

 

それには、まず一人にどうにかして

「売る」という経験をする必要がありますよね。

 

その時に考えなければいけないのは、

この商品を売ることによって、

 

「あなたは、こんな未来を手に入れることができます」

「こんな生活ができます」

 

といった形で、

購入した先の未来を見せることです。

 

お客さんが無形商材を購入するときの不安は、

 

「これはいいものだろうか」

「この人は信頼できる人だろうか」

 

の二点ですので、

この二つの基準をクリアすることができれば、

商品を売ることができます。

 

その方法として僕がお勧めしているのは、

 

「自分が売りたい商品の中身を、

自分の言葉に変えて、無料でお渡ししてしまう」

 

ということです。

 

当然、完全なるコピーや真似はダメですが、

自分の言葉に変えて、

お客さんにとって必要だと思う言葉を発信します。

 

そうすることで、商品に対する信頼度も、

販売者に対する信頼度が底上げされます。

 

僕の感覚では、

商品全体が10だとしたら、
6〜8くらいは喋ってしまってもいいと思っています。

 

その代わり、できるだけ難しい言葉は使わずに、

素人が理解できる言葉を使う必要があります。

 

商品が、レベル4の人を8まで連れて行くものだとしたら、

1〜5くらいまでは徹底的に無料で教えてあげるのが良いと思います。

 

そうすれば、お客さんの買い間違いを防ぐことができるし、

自分を5まで育ててくれたという感謝(実績)があるので、

お客さんは安心して商品を購入することができます。

 

また、アフィリエイトする場合は、

商品を売り込むというよりは、

自分を売り込むという意識を持ってください。

 

アフィリエイトの場合は、
正直、誰から買っても中身は同じです。

 

 

だけど、特典をつけて、直接お話しできる環境や、
限定プレゼントをお渡しすることができれば、
お客さんは自分から買うしかなくなるわけです。

 

 

そして、売った後も
しっかりとサポートをしてあげることで、
顧客満足度を上げて、
次のリピートやアップセル(追加販売)に繋げることができます。

 

次回は、アップセルについてお話しします。

 

メイン講座↓

ガチ初心者向けビジネス講座
〜ネットビジネスで30万円稼いでみよう〜

 

 

未分類カテゴリの最新記事