情報発信ビジネスは仲間作りである

NO IMAGE
Pocket

こんにちは、オリバーです。

今回は、情報発信ビジネスの感覚を共有していきたいと思います。

 

僕はこのビジネスを仲間作りみたいなものだと思っていて、

同じ目標や世界を目指す仲間を集めていくのがこのビジネスです。

 

情報を売るというよりは、

「仲間に加える」ような感覚を持って頂くとちょうど良いでしょうか。

 

情報そのものに価値があるというよりは、

 

「その目標に向かって進んでいる実感」

「環境やサポート」

 

を提供する感じですね。

今提供するって言い方をしたんですけど、

厳密には「提供」ではなくて、「一緒に連れていく」ような感じですね。

 

その過程で、形式として「講座やサポートにお金を払う」というものがあってそこでマネタイズされるような感じです。

 

よく、無料と有料の境目は?と聞かれるし、

多分みんな気になると思うんですけど、

それはお客さんが「この人の世界に参加する」と決意した時です。

 

旅行に例えると、

東京から福岡に行こうとした時に、

「行こう」と決意したら飛行機のチケットを取りますよね。

 

無料の発信は、

その決意をさせる為のものです。

 

だからこそ、無料で情報を

どんどん出していく必要があるんですね。

 

何故なら、決意させたら儲かる(参加してくれる)からです。

 

その為にどんなアプローチがあるかというと、

 

・成果を出せる情報を先に渡す

・その世界に到達したらどんなにいいことがあるかを想像させる

・精神的に・物理的なメリットを与える

などですね。

 

僕達が売るのは、情報ではなく「成果に繋がるであろう環境」です。

 

講座でもコンサルでもサポートでも

コミュニティでもなんでもいいんですね。

 

クサイ言い方をすると、繋がりのようなものを売るんですね。

そして、ゴールまで引っ張っていってあげる。

 

これが僕達発信者がやるべきことです。

 

そういう意味で、

 

「仲間作り」

 

ということです。

 

勿論、一人でできる人はそれでいいし、

サポートは必要ないはずです。

 

だけど、みんながそうではないですよね。

 

「お金を払ってしまった方が楽」

 

という人もいるはずです。

そういう人を仲間に入れて自分のビジネスを拡大していきましょう。

0→1の人はまず一人、1→10の人は複数人に。

って感じですね。

 

ではでは!

未分類カテゴリの最新記事