商品に対する信頼の貯め方

NO IMAGE
Pocket

こんにちは、オリバーです。

 

今回は、商品に対する信頼の貯め方について紹介していきます。

 

前回は好感度が大事という話でしたが、

今回は理屈っぽい話になります。

 

「商品に対する信頼」というのは、

「お客さんに成果を出させられるか?」

という一点です。

 

これはお客さんがどうこう以前に、

「まず自分に確信があるかどうか」が大事です。

その為には、ある程度結果を残せる知識や経験があることが前提になります。

 

ただ、ビジネスは完璧である必要はないので、

自分がレベル6だとしたら、レベル1をレベル5まで連れてくればいいんです。

 

自分より少し後ろを歩いている人の手を引っ張っていく感じですね。

つまり、自分ができればOKです。

 

で、今の時代は「商品に対する自信」は非常につけやすいです。

なぜなら、「正解」は世の中に沢山あるからですね。

 

だけど、「ゴール」まで導いてくれる人はまだ足りません。

 

具体的な方法を提案してあげたり、

道を整備してくれる人ですね。

 

この役割は、

実践を行えば行うほど上手くなります。

 

なので、こればかりは経験が必要になります。

 

最初は無料や格安で仕事を受けて、

ある程度いける自信が持てたら、

お金を取って教えるのが良いです。

 

お金を取るというのが重要で、

お金を取らないとお互い本気になりません。

 

だし、お金を取ると、やらなければいけないスイッチが入るので、

是非ガンガンお金をとって教えましょう。

 

成長するのに負荷は当然かかります。

逃げていては話が進まないので、

頑張って教えていきましょう。

 

そうすれば商品にも自信が持てるようになります。

それでは!

未分類カテゴリの最新記事