僕の起業ストーリーを話します。

NO IMAGE
Pocket

 

こんにちは、オリバーです。

今回は、なぜ僕が起業したのかについてお話ししていきます。

 

その前に、僕の大学生までの生き方も話す必要があるので、

長くなりますが、結構面白いと思います笑

 

起業した一番のきっかけは、

 

「お金が欲しい」

ではなかったんですね。

 

どちらかというと、

「死んでも就職したくない」

だったんですよw

 

ここで学生時代の話が出てくるのですが、

僕は小中高大とずっと野球をやっていました。

 

甲子園も出たし、

プロ注目と呼ばれる位置ではあったのですが、

本当に野球が好きか?と言われると、

ぶっちゃけなんとも言えなかったのです。

 

それなりにうまかったし、

親や周囲の期待もあったので、

自分に野球は好きなんだと言い聞かせて生きていましたが、

大学生になって、自分で全てスケジュールを組めるようになってから、

僕は野球を選びませんでした。

 

まあ、要は真剣に野球に取り組んでいなかったんですね。

とはいっても部活は最後までやったんですが、

今思うと、「まだできた」と思うんですよ。

 

それがプロに行ったやつといけなかった僕との差で、

実力は相違ないんですよね。

ただ、「意識の差」であり、野球を仕事にして毎日これからもやりたいかどうかの違いです。

 

僕は、正直もっといろんな世界を知りたかったんですね。

いわゆる、普通の生活を送ったことがなかったんです。

 

高校生とか、大学生とかって、

普通バイトとかするじゃないですか。

 

だけど僕は大学2年生までバイトもしたことがなかったし、

「土日」を経験したこともなかったんです。

土日は野球ですからね。

今プロ野球選手になっている人達も、

今までの人生で土日を経験したことがある人はいないと思います。

人によっては、バイトもしたことがないって人いると思いますよ。

 

そういうとても特殊な世界の住人なんですね。

で、望んでそれを選んでいる人は、いいと思いますよ。

 

だけど、僕は外の世界を知らされずに、

その世界にいたわけです。

 

で、大学生の時にその欲求が爆発して、

遊びまくりました(笑)

その後に怪我もしたので、

結局野球を止めることになって、僕は就活をはじめました。

 

就活はかなり頑張って、

内定もいくつか頂きましたが、

そこで僕にブロックが発動しました。

 

大学の野球部が死ぬほど上下関係の強い理不尽な環境だったのですが、

会社もそれと同じやな。と思ったんですね。

僕は、そういう上下関係みたいなものが大っ嫌いで飽き飽きしていたので、

そこで自分で就職しようと決意をします。

 

誰かが作ったルール、環境の中でラットレースをするのではなくて、

自分で何かを作って見たい。

自分が起点となって、何かを為してみたい。

自分で人生を創ってみたい。

ずっと誰かが敷いてくれたレールの上を歩きてきて、

それ自体はとても感謝しているけど、

それ以外の道にも進んでいみたい。と思ったんですね。

 

で、どうやったら自分で起業できるかなと考えた時に、

いろいろは人に会ったり、本を読んだり、経験をしました。

 

なんだかんだ一番の衝撃はナンパですね。

あれこそまさに主体性を高める最高の活動で、

声をかけないと何も起こりません。

 

自分から声をかけて、

人と仲良くなって深い関係になるというのは、

主体性のあるやつがやることです。

 

僕はずっと主体性のない人生を歩んできたので、

まあ苦手でした。

だけど、コミュ力を鍛えたり、メンタルが強くなったりすればいと思い、

何かを掴めると思い、毎日ナンパしまくってしました。

女をゲットするとかそういうのはどうでもよかったんですね。

 

とにかく、主体性のある生き方がしたかった。

 

で、ナンパ業界のようなところで知り合ったのが、

そういった恋愛やナンパを教える人達でした。

 

広い意味では、

ネットビジネスだったんですね。

 

インターネットを通じて、

自分の持っているノウハウを公表し、

恋愛で悩む男性を助ける仕事です。

 

僕は、正直「すげえ。。」と思いました。

 

今まで、恋愛やナンパが仕事になるなんて知らなかったし、

やり方もわかりませんでした。

 

だけど、実際にやっている人を見て、

「これだわ」と思いました。

「これならいける」「天職だ」と思いましたw

 

僕はすぐにその一人に弟子入りし、

「恋愛教えるビジネス」を学びました。

 

その人の恋愛理論を学びたかったというよりは、

恋愛のビジネスのノウハウを学びたかったんですね。

なので、僕の恋愛ビジネスはその人のパクリですw

だけど、品質はうちの方が高いと思っていますw

 

で、一通り恋愛ビジネスを学んだのですが、

それだけでは稼げなかったんですよ。

 

僕が吸収できたのは、

あくまでも恋愛の知識くらいのもので、

ビジネス的な知識は全然なかったです。

 

しばらく独学でやっても稼げなかったので、

僕はビジネスの勉強もはじめました。

 

そしたら、見えなかったものが少しずつ見えるようになって、

少しずつ稼げるようになったんですね。

 

今思うと、最初はまあ無駄なことばかりしていたなと笑

 

僕と同時期に発信をはじめた人が稼げているのに、

僕は稼げていなかったですねw

 

だけど、そのおかげで僕はビジネスを徹底的に勉強して、

何をどうしたらお金が稼げるのかが分かりました。

 

まずは理屈で理解して、

それを感覚に落とし込んで行きました。

(お金を稼ぐ方法に関しては、

もう一つのチャンネルで話しているので

そっちを見てください!)

 

僕の反省点としては、

僕はずっと、自分目線の発信ばかりしていたんですね。

 

「俺は結果を出しているから、正しい」

「俺が発信する難しい内容も自分で理解しろ」

みたいなスタンスです。

 

これが完全に間違いかと言われると実際そうではないのですが、

今思うと不親切でしたね。

 

要は、目線を下げることができていなかったのです。

 

例えば、僕は「モテるにはテストステロン値を高めること」これが全てだ!

みたいな発信をしていたのですが、

これは、

「見た目をそれなりにカッコよくして、

それなりに面白い話をできるようになって、

女心を分かっていることが前提で、「テストステロン値を高めるのだ」

と言っていたんですね。

 

だけど、モテない人は

「見た目も微妙だし、話もそんなに面白くないし、女心がわかっていない」んですよw

 

客観的に見れば当たり前ですが、

僕は分からなかったんですよ。

何故なら、身の回りの人も自分と同じくらいのレベルだから。

 

だけど、お客さんが知りたいのは

「見た目をよくする方法」だし、面白い話をする方法だし、女心」なんですよw

 

テストステロンなんて、

レベル8を9にする最後の最後の仕上げみたいなもので、

初心者は正直気にしなくてもいい。

 

だから、目線を下げてマッチングアプリの攻略法や

見た目、トークに関する発信を始めました。

 

そうすると、当然反応が返ってきます。

 

YouTubeの数字はおまけであり、

コンサルに申し込みが増えているかどうかを見ていましたが、

きちんと問い合わせは増えました。

 

ここまでいくと、ありがたいことに

自分が食っていくのには全然困らないようになってきたので、

今度は自分がビジネス教える側になりました。

 

そうするとまた別の問題が発生して、

自分を稼がせるよりも、人を稼がせる方がやっぱり難しいんですね。

 

いわゆるマネジメントというやつです。

 

当然自分とは知識差や情報の差もあるので、

その共有から始める必要があります。

 

自分の持っている感覚を共有して、

何度も伝えて、本人が成長するまでまったり、

どうしても伸びない場合は、こちらから課題を与えていく必要もあります。

 

きっと企業でマネジメントしている方も

似たような感じなんだなと思いましたね。

 

個人のビジネスは総合格闘技なので、

考えることが沢山あります。

 

どれか一つできたからではなくて、

どれもが平均点を超えた時に「売り上げ」になります。

 

なので、今度の僕の役割は、

「周りの人が稼げるようになる導線を作ること」になりました。

 

ぶっちゃけ、「自分でやった方が早い」んですが、

それでは良くないと思っています。

 

自分だけが稼げてもあんまり意味ないんですよ。

だって面白くないし、利益的にも大きくなりません。

 

それに、僕自身も、稼がせる力を磨いた方が、

自分の成長になります。

なので、ビジネスの発信を継続することにしました。

 

今の時代感的には、

「返ってくるなら投資OK」というスタンスの人が多いので、

そういう方には良くご参加頂いてるような感じですね。

 

まあ、僕としてもビジネスに関する投資は
一番利回りがいいと思っているので、
ビビらずに課金してくれたらと思っています。

 

後は、稼いでいる人は投資馴れしていますね。

「お金を使ってお金を増やす」に対して全然ビビらない。

 

まあ経費になるし。みたいな感覚もあると思います。

 

で、僕は「就職したくない」から始まった起業の道ですが、

個人的には大正解だったと思っています。

 

(ゆーてまだ26歳ですが・・)

 

稼ぎ方も右も左も上も下も分からない状態から

良く飛び込んだなと思いますよw

 

だけど、この世界はやればやるほど感覚が養われて、

年々成長している感がえぐいですね。

 

ネットビジネスはコンセプトとマーケが9割なので、

ここの感覚を掴んだ人からブレイクしていくと思います。笑

 

一回掴めば忘れなくなるので、

これからもみんなもこれから反復していきましょう。

 

という感じですね。

起業してからここまでの物語でした。

 

続きを思い出したらまた作ります。笑

 

ではでは!

未分類カテゴリの最新記事