オリバーの恋愛コンサル日誌part2

前回のあらすじ

恋愛・ナンパコンサルタントとして独立への一歩を踏み出したオリバー。しかし初めてのお客さんを掴むも、大きな成果を出させることができず自然消滅。

オリバーは活動継続っできるのか?

 

2人目のコンサル生

一人目のコンサルが終わってすぐに、また新たなコンサルの申し込みがありました。

ナンパ師に憧れているけど、ナンパ師になりきれていない会社員の方でした。

一応女性経験はネトナン等で積んでいましたが、ナンパの声掛けができないようです。

やる気だけはありそうだったのでコンサルスタート。

本人の希望で有楽町で主にコンサルを行いました。

僕『じゃあまず、あの子に声かけてみましょう。』

コンサル生『いや、無理無理。〇〇(僕の名前)行って!』

僕『???』

そうそう、書き忘れていましたがなぜかその人は僕に対して呼び捨て&タメ口でした。

なぜ僕が声かけなければいけないのかよく分かりませんでしたが、お手本を見せべく声かけます。

僕が連れ出しても仕方ないので、本人に行かせようとしますが、指名しても中々声掛けに行こうとしません。

僕は思いました。

『ああ、なるほど。自分に甘い人なんだな』

と。

有楽町で合計10回くらいコンサルしましたが、結果的に彼に結果をださせることは無理だと判断しました。

その要因としては

・承認欲求が強すぎる
承認欲求が強いのは悪い事ではありませんが、何の努力もせずに誰かに認めて欲しいという気持ちが溢れかえった人でした。

・ナンパで結果を出すことが目的ではなかった
彼はナンパがしたかったというよりは、ナンパ師がしたかったんだなという感じでした。

・敬語が使えない
確かに彼の方が年上でしたが、後にも先にも僕に対してタメ口、呼び捨てだったのは彼だけでしたw

この三つの要素で判断し、彼のコンサルを中断しました。
本当は他にも理由がありますが、ここに書くのは無粋なので僕の責任にさせてくださいw

2人目での学び

お客さんはある程度選ばなければだめw

当たり前のことですが、自分の手に負えない方は勇気をもってお断りさせていただくのがお互いのためです。

集客スタイルをかえるべし

今の集客方法だと、意識の低い人ばかり集まってしまっているため結果に結びつかないケースが多いです。
なので集客の方法やライティングの見直しをしようと思いました。

 

運命の3人目

ここに書いた以外にも沢山細かいコンサルは何人かやっていましたが、前回の二人目の方で正直この仕事を嫌いになりかけていましたw

『そんなに儲からないし、しかも精神的負担がでかすぎるw』

というのが理由です。
個人的にはこの人が最後と思ってコンサルしたのが、いつも登場するFさんです。

この人のおかげで、僕は今、楽しくブログ記事を書き、コンサルという仕事を続けられています。

Fさんについて詳しい記事はこちらを見てもらうとして→【コンサル実績】童貞から2か月で3ゲットしたFさん。

童貞からコンサルを受けただけで3ゲットなんて、「イケメンなんじゃないか?」と思われる気がしますが、コンサルで精悍な顔つきにはなりましたがイケメンではないですねw

ただ、めちゃくちゃ勤勉で真面目で素直。
礼儀正しく、教えたことは全てノートにメモされていました。

最近、彼女ができた報告もくれて本当に嬉しく思いましたね。

Fさんは確かに恋愛の初期設定はかなり低い方でしたが真面目に取り組んでくれた結果、しっかりと結果を出してくれました。

この人との出会いで、僕はこの仕事を続けようと思えました。
初めて、心の底から楽しいなと思えたコンサルでしたね。

僕自身、この出会いには本当に感謝しています。

ここから、僕のコンサルという仕事に対する本気度も変わってきます。

講師側が良い仕事をして与えていけば、生徒も同じように結果として返してくれる。

 

そんなことに気が付くきっかけをくれたFさんには心の底からありがとうと言いたいですね。

4人目のコンサル生

Fさんのコンサルを終えて、この仕事を続けよう!と思ったオリバーでした。
また少しして次のコンサル生とマッチしました。

この辺りから、コンサルタントと生徒はマッチングだということに気が付き始めました。

4人目の人はナンパ経験がありましたが中々結果が出ずに困っていたところ僕のサイトとコンサル募集の記事を見つけて、申し込んでくれました。

なので基本的には街頭でのナンパ活動とアプリの攻略になりました。
この方はイケメンでしたがアプリをうまく使いこなせていなかったので写真を撮ってあげて、アプリの攻略法を伝授し、一緒に街頭に出てナンパのコンサルをしていました。

一通りナンパとアプリについて教えたのですが、2か月目に差し掛かる頃、ふと返信が返ってこなくなりそのまま音信不通になりました。

正直原因は良くわかりませんが、多分僕のアドバイスが抽象的なものばかりだったからだと思います。
彼に関しては基礎はできていたので抽象的なアドバイスを送っていましたが、それが腑に落ちなかったようですね。

後は、ちゃんと心の距離を縮め切れていなかったことが問題かと思います。

とはいっても、何かさぼったり油断したりしたわけではないので、マッチング不成立だったのかなと思います。

→To be continued…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

覇道を歩みたいと願ってやまない24歳。 男の自信開発所の所長であり、男の自信開発塾の塾長。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球。 後にナンパ師、スカウトを経て恋愛コンサルタントとして半年ほど活動。 自身が自信のなさに苦しみ、克服した経験をもとに『男の自信開発塾』を開講。自信のない男の人生を変えるために日々活動中! 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com