テストステロンを高めることで男の人生が好転するのは真実である。

 

よう、オリバーだ。

これまで沢山ブログを書いてきたが、一つ疑問がある。

 

俺のブログはあまりにも反響が少ない。

 

確かに月に2,3人は、講習生以外でも『テストステロン高めて自信持てました!』なんて声がLINE@から届いては来るが、

 

他のやつらはどうした????

 

これを読んでるお前ら、本当にテストステロンを高める活動に取り組んでいるのか?

というか、ちゃんとテストステロンについて理解しているのか?

 

正直言って、テストステロンについてここまで詳しく、実体験に基づき、愛を持って配信している人間は俺は知らないし、いないと思う。

 

それもそのはず。

俺は何をしても自信が持てず、人生の肝心なところで失敗ししてきた。

そんな絶望の淵から俺を救ってくれたのがこのテストステロンである。

 

愛さずにはいられないのだ。

 

テストステロンと男の自信、そしてモテに関する相関に気が付いて以来、テストステロンを高め続けることを怠った日はない。(その代わりオナ禁失敗するとめっちゃへこむ。)

 

そんな俺がどうなったかというと、人の目を気にしてびくびく生きていた性格が治り、ひたすらにレールの上を歩いてきた俺が敢えてその道を脱線し、自分でテストステロンをこの世に広めていく活動をしたいと決意し、今に至るのだ。

我にとって2年間打ち込んだストリートナンパもそのテストステロンを高める過程の一部に過ぎない。

ちなみに、ストリートナンパの実力は

オスとしての強さ・優秀さ(テストステロン・自信)×ルックス

と=であり、ストリートナンパを精力的に取り組むことによって、上記の二要素が鍛えられる。

つまり、ストリートナンパで結果を出せる人間というのは、テストステロン値が高い人間か、ルックスのいい人間。

もしくはその両方を併せ持つ人間である。

 

俺は憧れていた。強く、優秀な人間に。

今の自分が誰よりも優秀で強い人間か?と問われたらそうではないだろう。

自分が一番じゃないことなど分かり切っている。

 

それでも、生きるのが苦しくて仕方なった、あの頃とは大きく環境が変わった。

上位アルファにびくびくする必要もない。

誰かの目を気にして生きていく必要もない。

欲しいものを遠慮する必要もない。

 

人間も生物である以上、この世はパワーゲームだ。

 

男も女も同じである。

俺は生まれつきイケメンじゃないからモテないなんて、その発想そのものが敗者である。

女は整形しなければ、生まれついた差を覆すことはできないかもしれない。

ただ、男は違う。

 

男にはテストステロンがあるじゃないか。

 

テストステロンを鍛え、高めることで生物としての強弱、パワーバランスをひっくり返すことは難しいことではない。

男は恵まれているのだ。

努力でどうにでも人生を変えられるなんて素晴らしいと思わないか?

 

さあ、今すぐスクワットしよう。

腕立て伏せをしよう。

そしていきなりステーキに駆け込もう。

10回でもいい。1回でもいい。一口でもいい。

 

行動だけが、人生を作り出すのだ。

ともに頑張ろう。

 

FIN.

 

それと、書き忘れたけどセミナーをやる。自信がどうしても持てない男は自信の付け方を教えてやるから10月21日(日)に1万円持って新宿に来い。

自信の付け方を教わりたい!

 

FIN.

皆さまからの、成果報告が僕の力になります。

僕はテストステロンで人生が変えられると本気で信じています。

共に戦いましょう。

オリバーより。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

覇道を歩みたいと願ってやまない24歳。 男の自信開発所の所長であり、男の自信開発塾の塾長。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球。 後にナンパ師、スカウトを経て恋愛コンサルタントとして半年ほど活動。 自身が自信のなさに苦しみ、克服した経験をもとに『男の自信開発塾』を開講。自信のない男の人生を変えるために日々活動中! 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com