ヤリチンになりたくて(1)

 

 

なんで女遊びを始めようと思ったんですか?って聞かれたら、

 

 

悔しかったから。

 

 

と答えるのが僕、テス男です。

 

 

そうです、僕はコミュ症非モテの大学1年生。

 

 

経験人数は2人。

 

 

1人は、高校一年生の時、前略プロフィール(当時はプロフと呼ばれていた)で引っ掛けた同じ高校の女の子。

 

 

元彼とのいざこざがあった彼女を、タイミングよく引っ掛け、付き合うことができた。

会う前に、電話だけで付き合うことが確定したので、今思えばなんて意気地なしだったんだろうと思う。

 

 

 

一応、1年半くらい付き合ったが、部活動が忙しかったため別れる事に。

 

 

その後、僕はとあるスポーツでそこそこの有名人となり、ツイッター経由で1人の女の子と繋がる。

 

 

その子が2人目。

 

 

何故ネットばかりかって?

 

 

コミュ障だったから。

 

 

当時の僕には他に手段がなかった。

 

ネットで必死に女の子を漁っていた。

 

 

しかし成果はゼロ。

 

 

 

高校生3年生〜大学1年生という性欲盛んな時期に、僕はオナニーばかりして過ごした。

 

 

無駄にプライドだけ高く、根拠のない自信だけはあった僕は、この、『経験人数2人』という現実に耐えられなかった。

 

 

『俺とあろうものが、経験人数2人だと?そんなことあってたまるか。』

 

 

こう思ったのがきっかけ。

 

 

僕は部活小僧だったので、遊んでる友達はあまりいなかった。

 

 

女の子の話になっても、同級生は、

 

 

『俺は風俗なんて行きたくない』とか

 

 

『ヤリマンとなんてやりたくない』

 

 

などと言っていたが、僕は正直、風俗にも行きたかったし、エロいヤリマンとヤリまくりたいと思っていた。

 

 

しかし、そんな事は言い出せる訳もなく、自由度の低い生活を送っていた。

 

 

今思えば、周りの目など気にする必要はなかったのだが。。

 

 

極度のコミュ障で、人の目を気にしすぎる自意識過剰系男子だった僕は、大人しく過ごした。

 

 

 

しかし、時がたつほどに、眠れる意思は刻々と目を覚ます。

 

 

 

『ヤリチンになりてえ。』

 

 

これだけだった。

 

 

ただただ、ヤリチンになりたかった。

 

 

 

何故か?と聞かれたら分からない。

 

 

このままでは種の繁栄に悪影響を及ぼすであろうと、本能が判断したのであろうか。

 

 

それとも、勉強にスポーツ、なんでも学年でトップクラスにこなしてきた自分が、『女』については、無知で非力で、その辺のヤンキーより劣っているという事実に、怒りを覚えたからだろうか。

 

 

真意は今となっては分からぬが、僕はヤリチンになることを決めた。

 

 

その時から、僕のヤリチンを目指す旅が始まる。

 

 

 

しかし、ヤリチンになろうものにも、そもそも出会いがない。

 

 

学部に、死ぬほどチャラい先輩がいた。大学生で、100ゲットをしているイケイケだ。セックスも相当やり込んでいて上手いらしい。

 

ヤリチンを目指す僕は、すぐさまのそ先輩に助言を求めた。

 

 

僕『出会いがなくて。。』

 

 

先輩『「出会いがない。」は、行動してないやつの言い訳やで。』

 

 

僕『はあ。。』

 

 

グサッとくる言葉だった。

 

 

確かにそうかもしれない。

 

 

その日から、僕は行動に出る。

 

しかし、今のように街に出て声をかけるなんて、コミュ障の僕には論外。

 

 

 

最初に使ったのは、『斎藤さん』というアプリだった。

 

 

このアプリは、同じ時間にアプリを起動している人とランダムに繋がり、通話が出来るというものだった。

 

 

男と女の比率が7:3くらいであるので、男と当たるとすぐに通話を切り、女の子に繋がるのを待つ。

 

 

5回に1回。いや10回に1回くらいの確率で女の子と繋がると、僕はどうにか連絡先を聞こうと、後に繋げようと必死で言葉を紡いだ。

 

 

幸い、斎藤さんは通話アプリなので、顔を見合わせる必要はない。

 

 

 

緊張しいで、女の子に対してコンプレックスを持っている自分でも、どうにか会話をする事が出来た。

 

 

常日頃から、どんな奴がモテるのかというレーダーはビンビンに張り巡らせていたため、なんとなく、雰囲気は分かっていた。

 

 

明るく、面白く、自信満々で。

 

 

特に、電話だと、雰囲気やトーンだけで判断され、一瞬でもキモいと思われたら、電話を切られてしまう。

 

 

この点はナンパと非常に似ているのだが、

 

 

まず一言目のテンションが、『明るく、楽しそうな人』であれば、会話が始まった瞬間に通話を拒否される事がない事が分かった。

 

 

不思議なことに、一言目で、しっかりとした入りが出来れば、その後も続けて、『明るく楽しそうで、自信満々な人』を演じられるのであった。

 

 

勿論、自信などない。

ハッタリである。

 

 

 

コミュ障で、見た目も微妙。

女性経験も少ない。(家族の中の女性は母だけ。)

 

だったが、電話であればどうにか虚勢を保つ事が出来たのだ。

 

 

面と向かっていたら、こうはならなかっただろう。

 

 

僕は当時からオナニーのしすぎで、ジヒドロテストステロンの分泌が凄まじく、いわゆる『キモいオーラ』を発していたので、まるで自信がなかった。 

 

 

特に、人目を気にしすぎているのであった。

 

 

僕は、でかい図体の割に根っからの根性なしであり、常に人目に怯えながら生きていた。

 

 

しかし、恋愛においてはこの短所が、必殺の奥義となった。

 

 

常に人目を気にして、嫌われたくないセンサーがビンビンに立っていたため、

 

 

 

『相手の考えている事が分かる』

 

 

のであった。

 

 

自信のなさは、色々な要素が絡み合っていたが、その1つは、見た目コンプレックス。

 

 

僕は昔は自分のことをイケメンだと思って自信を持っていたが、高校の同級生に顔がキモいだのなんだの言われて、セルフイメージが地の底に落ちていた。

 

 

今のまま昔に戻れたら、ボコボコになるまでぶん殴ってやるところだが、当時はそんな事は出来なかった。

 

 

オナニーのしすぎで、非モテの精神が染み付いていたからだ。

 

 

しかし、電話越しであれば見た目は関係ない。

 

 

良い関係性さえ築いてしまえば、後はどうにかアポ取りをして、会い、イチャイチャしながらエロい方向に持っていく。

 

 

もしくは、電話の時点で、お泊りのアポを確定させたりしていた。

 

 

そんなこんなで、僕と斎藤さんは相性が良く(相当な数の失敗もしている)

 

 

1日に数件、連絡先を聞ける事も稀ではなかった。

 

 

斎藤さんをやる女の子というのは、

 

・出会い目的

 

・エロ目的

 

・暇つぶし

 

 

の3種類がいたが、なんだかんだそういった場に出現する女の子は出会い目的や、エロ目的の子が多かった。

 

 

そんなこんなで、1年間、ほぼ斎藤さんだけをやり続けて20人近くの女性と関係を持つ事ができた。

 

 

 

この斎藤さんで培ったトーク力と雰囲気は、今の僕の原点である。

 

 

 

 

 

ヤリチンになりたくて⑵ 初めての教室ナンパ

 

に続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

覇道を歩みたいと願ってやまない24歳。 男の自信開発所の所長であり、男の自信開発塾の塾長。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球。 後にナンパ師、スカウトを経て恋愛コンサルタントとして半年ほど活動。 自身が自信のなさに苦しみ、克服した経験をもとに『男の自信開発塾』を開講。自信のない男の人生を変えるために日々活動中! 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com