ヤリチンになりたくて(2)初めての教室ナンパ

斎藤さんを使って、それなりに経験人数を積んだある日、僕は大学で女神と遭遇する。

 

 

 

『かわええええええええええええ!!』

 

 

一目惚れだった。

ちょいギャルっぽいけど、若干石原さとみが入った、目がクリクリした女の子。

 

人生で1番タイプだった。

 

 

聞くと、同じ学部の女の子で、学部のアイドルらしい。

 

 

噂には聞いていたが、あまり興味を持っていなかった。

 

しかし実物は本当に可愛かった。

 

 

2年生になったある日、たまたま、英語の授業が彼女と被った。

 

その授業は、30人前後の教室で、先生が適当に振り分けた順番に並び、互いに英会話をするというものだった。

 

 

ここでミラクルが起きた。

 

 

本当にたまたま、先生の采配で彼女が隣に座ったのであった。

 

 

僕は人生で、目の前の女の子に対してナンパなど一回もした事がなかったが、この時だけはなぜか、神が舞い降りた。

 

僕『はじめまして。〜部の子だよね。〜と友達の。』

 

彼女『え、う、うん。』

 

 

彼女は以前、僕の友達の友達と、関係があったとかないとかの噂を聞いたことがあったので、その事で少し茶化してみた。

 

可愛いからよく狙われるのだろう。

 

 

普段はコミュ障の僕が、たまたまこの時だけは、凄腕ナンパ師であった。

 

 

完全に主導権を握り、授業中に彼女を何度も笑わせ、2人だけの時間を楽しんだ。

勿論、周りには聞こえないように。

 

 

そして授業が終わってから、LINE交換を打診した。

 

 

返事は、YES。

 

 

まあ断る理由もなかったのだろう。

 

 

LINE交換をして、その日はさよなら。

 

 

そしてLINEをするようになった。

 

 

彼女は、見た目通り、気が少し強く、Sっ気があるようだった。(後日談であるが、本当はドM。)

 

 

ちなみに当時の僕はドMだったので、死ぬほど興奮していた。

 

こんな状態ではあったが、何故かその時の僕は冷静に立ち回り、当時付き合っていた彼氏の相談を受けつつ、チャンスが来るのを待った。

 

そして、時が来た。

 

 

僕と知り合ってから数週間で、元彼と別れたのであった。

 

なんという幸運。

 

 

僕はずっと、彼女と、『フラットな親友』という立場を築いてきたから、どんな相談もすぐに僕に来る。

 

 

いつのまにか、電話をする仲となり、電話越しではあるが、僕は好きだとはっきりと伝えるようになった。

 

 

彼女が最初は戸惑っていた。

 

 

しかし、2人で会う事に抵抗はなかったので、僕は毎日、彼女の最寄り駅まで行って、終電まで口説いた(笑)

 

 

シンプルだったと思う。

 

思いをキチンと伝えた。

 

 

好きだ。付き合ってほしい。と告げた。

 

 

そしたら、次の日に呼び出され、まだちょっと。と断られた。

 

 

が、しかし僕はめげなかった。

 

 

ある日、彼女がとても疲れている日に、僕の最寄駅で会うことになった。

 

 

公園のベンチに2人で腰掛け、空を見ていた。

 

 

彼女が、寄り掛かってきた。

 

 

彼女はとても貞操観念が強い子であったので、僕は彼女を抱き寄せるか2秒悩んだ。

 

 

まあ、どタイプの彼女が寄り掛かってきてる状況で、本能に打ち勝てる訳もなく、抱き寄せた。

 

 

 

こんなイベントが、2日続けて起きた(笑)

 

 

これは流石に良いやつじゃね?

 

 

と僕は思ったので、再度告白の言葉を告げる前に、キスをした。

 

 

すると彼女はとても驚いていた。

 

 

まだまだピュアだった彼女は、付き合ってない人とキスの経験など論外だと言っていたから、気持ちはよく分かる。

 

 

僕が『ごめん』

 

 

と言うと彼女は

 

 

 

『嫌じゃないよ。』

 

 

 

と言った。

 

 

僕『付き合おうか。』

 

 

 

彼女『うん。』

 

 

これが僕の、生まれて初めてのナンパの成功体験になる。

 

 

まあ、ナンパと言えるかは分からないが。

 

 

あれから四年近く経っているのに克明に思い出せるということは、相当印象深い出来事だったのだろう。

 

 

彼女との交際の日々は楽しかった。

 

 

見た目は勿論ではあるが、性格自体もとても面白く、気が合った。

 

 

ただ1つ、身体の相性を除いては。

 

 

本当に身勝手で申し訳ないと今では思っているが、当時は、まだまだオナ猿真っ只中。

 

 

極度の遅漏であった。

 

 

どれくらいの遅漏かというと、膣でイケないくらい。(今は早漏ですw)

 

 

まあ、原因はオナニーのしすぎではあったのだが、当時は原因は分からず、射精するためには、一度挿入を解除してから、手や口でして貰うことが多かった。

 

 

こうした、夜の生活の不満から、いつしか、僕は彼女との行為を受け付けなくなった。

 

 

しかし、彼女はまだまだお盛んな時期。

 

身体を求めて来る事が多かったし、断る訳にはいかないから応じるものの、途中で勃たなくなる事も多々あった。

 

 

今思うと、彼女は悩んでいた事と思う。

 

もっと問題をキチンと捉え、改善するべきだった。

 

 

遅漏の原因がオナニーのし過ぎだと気が付き、オナ禁と、亜鉛により遅漏を改善したのはまだずっと先の話である。

 

 

こうして、1年半経った時くらいから、突然僕らはマンネリし始めて、距離が出来るようになった。

 

 

 

ヤリチンになりたくて。⑶失恋と旅立ち

 

 

に続く。

 

オリバー公式メールマガジン

始めまして、オリバーと申します。

15歳の時から恋愛と向き合い、自分を常に進化・向上させてきました。

 

小学校6年の時に受けたクラスメイトからのいじめがきっかけで自分に自信がもてなくなり、

 

辛い学生生活でしたが、少しずつ自分と向き合うことをはじめ、高校生では初彼女

 

大学生では清楚系のモデルに大失恋をかましながらも、大2の時には

みんなが憧れる学部のアイドルと付き合うことができました。

 

 

その彼女とは2年間交際したのち、今度は多くのプロ野球選手や経営者と繋がりのある35歳にして最強に美人なお姉さんとセフレ関係になりました。

 

その後は、恋愛の枠を飛び越え、自分の外見と根本的なコンプレックスを完全に解消する為にストリートナンパの世界に飛び込みます。

 

 

ストリートナンパを経る途中で、更に成長に通ずるであろうと感じたスカウトマンにも転身し

 

六本木の数多の美女たちと過ごす日々の中で、さらに深く女性のことを知りました。

 

 

そんなオリバーが配信しているメールマガジンです。

Twitterやブログ、YouTubeでは語られない内容盛りだくさんです。

以下から無料メールマガジンに登録することができます。



※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、 厳正に管理します。
外部への共有は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには不定期で作者のメールマガジンが届きます。 有益な情報や様々な追加プレゼントを配布予定ですので、 主にお使いのメールアドレスをご入力ください。
不要の場合はいつでも解除可能です。

 

LINE@も更新中です。僕と気軽にやり取りできるので是非活用してください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

至って真面目な24歳。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球で公式登板。 早大卒業後、2年間の自己啓発(ナンパ・スカウト活動)を経て恋愛コンサルタントとして活動中。 ”超王道の恋愛学”を用いて、幸せな恋愛活動を送れる男性を世に輩出中。 また、テストステロンインフルエンサーを名乗っており、自信のない男性を救う手助けをしている。日本を高テストステロン大国にするのが夢。 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com