リア充=テストステロン値の高いやつ

 

テストステロン不足の日本男児と二極化の流れ

 

世界的に見て日本人男児は非モテな種族であると思う。

これは先進国である証拠でもあるのだが、アメリカとはまた違う。

ビジネスでも筋トレでも、先進国なアメリカに対し、日本は筋トレも大して普及してないし、そもそも環境的に、男らしさを獲得しにくいように感じる。

 

ただ日本人でも、モテる男は沢山存在する。

 

モテる男は更にモテるし、モテない男は更に精力を失っていく。

この二極化の流れはこれからも更に加速するだろう。

 

じゃあ一度モテない側に流されてしまった男は為す術がないのか?

 

という話ではあるが、断じてそんなことはない。

 

そうはならないために僕はこうしてブログを書いているし、これからも、情報発信を続けていく。

 

モテない原因は男らしさのなさ?

 

・女々しい

・自信がない

・臆病

・根暗

・真面目

・デブ

・ガリガリ

・つまらない

・メンタルが弱い

非モテと言われる人間の特徴について少しだけ例をあげた。

 

これらの原因は

 

”男らしさのなさ”

 

だと私は考えている。

 

これは実体験として、昔の私は、男らしさのなさランキングみたいなものがあったら

日本でもトップの拗らせ具合だったと思う。

 

そのような状態で、自分の人生の責任を人や環境に擦り付けて生きてきたが、

20歳前後の時、モデルの女の子にコテンパンに振られて、目が覚めた。

 

『モテたい!やりたい!』

 

という純粋な気持ちから、自分の弱さと向き合っていくこととなった。

 

 

たまたま見つけた2chが僕の人生を大きく変えた

 

 

そこで自己啓発本を読み漁ったり、ためになりそうな記事を探しまくった結果、

たどり着いたのがテストステロンであった。

 

一番のきっかけは忘れもしない。

『男性ホルモンを高めるだけで美人な彼女ができるのに何でお前らやらないの?』

 

という2chまとめの記事であった。

 

こスレ主には感謝してもしきれない。

 

長いので本ブログへの転載は割愛するが

”リア充=テストステロン値が高い奴”

テストステロン値が高く成ると、マリオカートでいうゴールド無敵走行状態になって、まず身振りや動作に圧倒的なアルファ感が備わり、次にビビらない度胸と胆力が付き、最後に自信が備わって、女はそこに惚れる。

 

といった内容が熱く語られていた。

 

自分の内気さや、モテない原因がこの一言で全て解決された。

 

そして、物事の本質とはなんとシンプルなんだろうと思った。

 

それからというもの、僕が人を見るときの全てのフィルターはテストステロンになった。

 

街を歩いているときや、人と会う機会、グループの中で、いつも中心にいるやつはどんなやつなのか?

 

常に観察した。

 

そうすると、色々なことが分かる。

 

高テストステロンで男らしい人物と想像すると、ちょっとイキったヤンキーを想像する人もいるかもしれない。

 

勿論間違ってはないのだが、同じような服装や見た目をしていても、なんか下っ端感とうか、無意識に見下してしまう人物もいれば、派手な格好をしていなくても、オーラがあって、舐めてはいけない雰囲気を持っている人がいることに気が付いた。

 

この差は一体なんだろうと考えたが、それは

 

確固たる自信を持っているかどうか

 

ここに集約されているのではないかと思う。

 

この確固たる自信というものは

・過去の経験

・実績

・生まれ持った体質

・財力

・肩書

など様々な要因が重なって生み出されているものだと思うが、その背景になるものが、

このテストステロン値であると個人的には考えている。

 

ということは、逆にテストステロン値を高めることで、

今よりもはるかにオーラのある洗練された人物になれるのではないだろうか。

 

他のナンパ塾や恋愛塾では、モテるふりをすることが大事だと主張する講師も多いと聞く。

 

しかし僕はそれだけだは不十分だと考える。

 

モテる男がどんな振る舞いや動作をするのかは、ある程度恋愛というフィルターを通して生きてきた人間なら分かることだと思う。

 

勿論のこと、モテる男は

おどおどするよりも、堂々として自信がありそうな態度をしていると思うし、

顔つきはきりっとして、仮に美形じゃなくても、精悍な顔つきをしていると思う。

 

そんなことは非モテでもなんとなくは分かっているが、それができないから困っているのだと思う。

 

そこでテストステロンである。

 

本能的に男らしくなるアプローチをすることで、まず内面が変わる。

内面が変われば、それが目に見える形となって現れる。

 

つまり、

テストステロンが高い奴は無意識でもリア充な振舞いをするし、

テストステロンが低い奴は無意識で非リアな振舞いをしてしまう。

 

ということだ。

 

服装や見た目、顔つき、発言、行動、オーラなどはすべて自分の内側から湧き出たものである。

 

逆に非リアな振舞いをする男は自らの非モテDNAや、体内のホルモンに非モテであれと命じられているだけなのである。

 

過去に何人もテストステロンを継承しようと思って試みたが、

重度の非モテは日サロを勧めても頑なに行こうとしなかったし、目立つことを嫌った。

 

あくまでも逃げ腰で、

 

『僕は危険なことはしたくない。平和に隅っこで生きていたいんだ!』

 

こんな意思を感じた。

 

ただ、これは本人が悪いというよりは、本能が自分自身を制御してしまっているだけである。

 

だからその殻を破るには、外側からのアプローチと、内面からのアプローチの二つが必要なのだと感じた。

 

テストステロンを高めることによって得られる計り知れないメリット

 

テストステロンが低い状態だと、過剰に人の意見を気にしてしまったり、人の目を気にしてしまって行動できないというループに陥りがちになるが、テストステロンが上昇すると、自信や胆力が身につくので、ごちゃごちゃ言われても気にならなくなる。

 

仮に言われても、

 

『うるせえよ』

 

で終わりである。

 

テストステロンが一定値に達した男は、

自分の意志で、自分の人生を切り開いていけるようになる。

 

こんな体感があればこそ、いい女を抱こうと頑張れるし、金を稼ごうとハッスルできるわけである。

 

最後になるが簡単にテストステロンを高める方法を書いておく。

・筋トレしろ。(特にスクワット)

・へこへこするな

・たんぱく質をたくさん摂れ

・姿勢をまっすぐにしろ

・下を向くな。上を向け。

・よく笑え

・オナニーするな、それかやめろ

・亜鉛飲め

 

こんなところだろう。

 

これからナンパをしてみよう!

という人で、地蔵から抜けられずリタイアしていくのは殆どテストステロン不足である。

 

また、テクニックを学んですぐに結果が出る人間は元々テストステロン値が高かったり、リア充気質だと、土台がしっかりしているので、テクニックが有効に働く。

 

非モテが華麗にテクニックを披露したところで、何も人の心には響かないのだ。

 

ナンパ師こそテストステロン

 

ナンパ師の声掛けでも、少し前はフレーズそのものが流行って、最近だとノンバーバル・雰囲気が注目されている。

 

少しずつ本質に近付いているが、これからは更にその土台である本能。

 

すなわちテストステロンの時代の到来である。

 

正直な話、ナンパなんて学ばなくても最初からできるやつもいる。

 

ナンパだけしていても、ナンパが上手くなるとも限らない。

 

けど、これだけは間違いない。

 

テストステロン値が高い状態をどれだけキープできるかにナンパの成功率はかかっている。

 

テストステロンが高まり、オンナ関係が上手くいくと、更に好循環も生まれ、人生がどんどん良くなっていく。

 

勝手にリア充になっていく。

 

すると、普通に生きてるだけでコミュ力が上がり、ナンパも上手くなる。

 

同じタイミングでナンパを始めたもの同士でも伸び率が違ったり、

結果にばらつきがあるのは土台のリア充度が違うのだ。

 

そして男のリア充度はテストステロン値によって左右される。

 

だったら、モテたいのならテストステロン値を高めるのは必須ではなかろうか?

 

テストステロン値は、生まれ育った環境や、体質、習慣によって左右されてしまう。

ルックスが良ても、テストステロン値が低くて、カースト下位に追いやられてしまう男もいるし、ブサイクでもテストステロン値が高くて、カースト上位にいる男もいる。

 

性欲の強さやオナニーの頻度にも影響を受ける。

 

こうした小さな積み重ねが、強者をより強者に押し上げ、弱者を更に弱者に追いやる。

 

しかし、僕はここにリア充になる方法を公開した。

未来はこれから変えていけるのだ。

 

リア充の仲間入りをしたいなら、テストステロンを高めればいい。

 

さあ、今日もいい女を抱こうじゃないか。

 

終わり。

 

 

メルマガやってます。ブログよりも濃い情報だしてます。

無料なんでよかったらどうぞ。↓

オリバー公式メールマガジン

始めまして、オリバーと申します。

15歳の時から恋愛と向き合い、自分を常に進化・向上させてきました。

 

小学校6年の時に受けたクラスメイトからのいじめがきっかけで自分に自信がもてなくなり、

 

辛い学生生活でしたが、少しずつ自分と向き合うことをはじめ、高校生では初彼女

 

大学生では清楚系のモデルに大失恋をかましながらも、大2の時には

みんなが憧れる学部のアイドルと付き合うことができました。

 

 

その彼女とは2年間交際したのち、今度は多くのプロ野球選手や経営者と繋がりのある35歳にして最強に美人なお姉さんとセフレ関係になりました。

 

その後は、恋愛の枠を飛び越え、自分の外見と根本的なコンプレックスを完全に解消する為にストリートナンパの世界に飛び込みます。

 

 

ストリートナンパを経る途中で、更に成長に通ずるであろうと感じたスカウトマンにも転身し

 

六本木の数多の美女たちと過ごす日々の中で、さらに深く女性のことを知りました。

 

 

そんなオリバーが配信しているメールマガジンです。

Twitterやブログ、YouTubeでは語られない内容盛りだくさんです。

以下から無料メールマガジンに登録することができます。



※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、 厳正に管理します。
外部への共有は決して致しません。
※ご登録いただいたメールアドレスには不定期で作者のメールマガジンが届きます。 有益な情報や様々な追加プレゼントを配布予定ですので、 主にお使いのメールアドレスをご入力ください。
不要の場合はいつでも解除可能です。

 

LINE@も更新中です。僕と気軽にやり取りできるので是非活用してください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

至って真面目な24歳。 高校時時代→エースで甲子園出場。 大学時代→東京六大学野球で公式登板。 早大卒業後、2年間の自己啓発(ナンパ・スカウト活動)を経て恋愛コンサルタントとして活動中。 ”超王道の恋愛学”を用いて、幸せな恋愛活動を送れる男性を世に輩出中。 また、テストステロンインフルエンサーを名乗っており、自信のない男性を救う手助けをしている。日本を高テストステロン大国にするのが夢。 連絡先→oliver.oliver.mant@gmail.com