人の目を気にして生きていても仕方ない。なりふり構わず生きていこう。

この記事は2分で読めます

Pocket

こんにちは、オリバーです。

僕は生粋のかっこつけマンですw
というか、人の目をとても気にする性格です。

ナンパを履修したにもかかわらず、いつまで経っても人の目を気にする性格は治りませんw

しかしですが、生きていくうえで人の目を気にするメリットはほぼないという話を、実体験を交えて書こうと思います。

今であれば情報発信に取り組んでいますが、情報発信を真剣にやっているからこそ

・正しいノウハウを提供しなければならない

・誰も不快にさせてはいけない

・みんなの役に立つ情報を発信しなければならない

といったある種、責任感強め(?)な意識が芽生えてきます。

しかし、この意識ばかりしていると、人の目がどんどん気になっていき、自分の本当に伝えたいメッセージを押し殺すことになります。

押し殺した結果、誰の心にも響かない発信が生まれますw

僕の場合顕著だったのは旧ブログから新ブログに移転した時ですね。

ワードプレスという有料のサイトを使っていることで、自分の中で人の目をきにするようになり、ありきたりな発信を続けた結果、読者が減りました(笑)

旧ブログでは、特に誰の目を気にすることもなく(無料ブログだったから)書きたいことを書きたいように書いていたので、結構評判が良かったです。

その時僕が意識していたのはもっぱら自分の心、本心。

けど、ビジネスとしてやりだしてから意識していたのは、同業者や自分と同じくらいの実力の人の目です。

こんな発信をしていたらしょぼいと思われないかな?

という感情にさいなまれていましたw

ただ、この感情に意味は全くなくて、僕が見るべきは僕の後ろを歩いている読者さん達だったなあと。

ナンパでも同じで、見るべきはTwitter上での評価ではなく、目の前の女の子と自分の気持ちですよね。

ここが欠けているとやっぱりナンパや人生を楽しむことはできないし、成果も上がらない気がします。

ちなみにですが、僕もこの記事を執筆するにあたって、人の目を気にせず、のびのび書くことを意識しています。

また、人の目を気にしないことを気にしすぎて、逆に人の目に縛られないようにという注意喚起をして本記事の執筆を終了したいと思いますw

今回は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。