僕の信念『心の重要性』

この記事は6分で読めます

Pocket

あなたはなぜナンパをしてますか?

 

 

・ヤリたいから?

 

・モテたいから?

 

 

人それぞれ答えはあるでしょう。

 

 

 

 

僕がナンパを始めた理由は、

 

 

 

最強の男になるために必要なものが、ストリートナンパという舞台に落ちていると思った

 

 

からですw

 

 

 

さて至る所から、

 

 

『最強ってなんだよw』

 

 

って突っ込まれそうですが、

 

 

自分が、

 

 

『俺最強じゃん。』

 

 

と思ったら、それは最強なのですw

 

 

 

テストステロンがダダ漏れで、自分の体からオーラが出て、全能感と達成感に包まれた瞬間。

 

 

僕はこの瞬間が好きですw

 

 

 

ナンパを知った当時、コミュ障気味だった僕は衝撃を受けました。

 

 

『街で声かけてゲットするとか凄すぎだろ!!』

 

ここで負けず嫌いな僕は、

 

【ナンパが出来るようになる】

 

という目標を立てました。

 

 

そう、僕のナンパをする動機は性欲ではなく、

 

 

自分に出来ないことが、人に出来ているという事態が許せない。

 

 

というワガママすぎる理由でしたw

 

裏を返せば、

 

 

『俺が最強になるためには、このストリートナンパという壁を乗り越えなければいけない。』

 

 

と内心分かっていたということです。

 

 

そして2年前の僕は、ゲットやセックスではなく、

 

【自己成長】

 

 

【最強の男になる】

 

ためにナンパを始めたのでした。

 

 

ただの性欲だけでは、2年間も街に出ることはできなかったでしょうw

 

 

謎の自信はありましたが、いざ街に出ると、地蔵に悩まされたり、声を掛けてなんて話せばいいか分かんなかったり、夜中に酒飲んでオールでナンパしてそもそも声すらかけられなかったり(笑)

 

 

 

色んな苦労を味わいましたが、自分が納得できるところまで【ナンパ】に取り組む事ができました。

 

 

その結果、

 

 

 

・人の目めっちゃ気にする系男子

電車や店内でもストリートでもどこでも声を掛けられるくらいには強心臓に。

 

 

 

・感情の起伏が激しく、波が大きく躁鬱気味

自分の心をコントロールして、常に明るく前向きな考え方ができるようになった。

 

 

 

・自分さえ良ければそれで良いという考え方

相手にどれだけのものを与えられたか、どれだけ喜ばせて、どれだけ幸せにしてあげられたかが自分の人生の幸福度と直接関係するという考え方になった。

 

 

 

・なんでも自分の力で手に入れてきたという傲慢な考え。

家族の存在や、側に人がいてくれて始めて、自分でが今生きていられるという事に気がつき、それらのものに感謝の気持ちを持つことで、毎日が楽しく幸せなものになった。

 

 

・精神的に女々しく、人に依存した性格

自分の人生は自分で変える。欲しいものは自分から取りに行く。また、自分の人生を自分で切り拓くんだという確固たる意志、精神的な男らしさが身についた。

 

 

 

・女の子や、自分より格上だと思った人物に対して、極端に萎縮する性格。

相手がどんな人であろうと、対等に渡り合えるようになった。

 

 

 

・街で美女を見かけても、声が全く掛けられなかった。

街で他の男がビビってるのを横目に、笑顔で柔らかく声を掛けられるようになった。

 

 

 

・自分の欠点や至らなさを誤魔化し、受け入れられない性格。

素直に自分の弱さを認め、自分の心と向き合う強さを身につけた。

 

 

 

・緊張感のあるシーンで、まったく力が出せない性格。

常に愛と感謝の気持ちを持ち、どんな時でも最高のパフォーマンスを出せるようになった。

 

 

結果がでなければ自分には価値がないんだという考え方。

人間の価値は、勝ち負けではなくどれだけ人の心に良い影響を与え、人の役に立つ事だと学んだ。

 

 

 

・女子コンプレックス

女子コンプレックスから解き放たれ、俺はモテるという自信を取り戻し、事実として、関わる女の子のレベルも上がった。

 

 

 

・小手先のテクニックで、人の心を操れると思っていた。

人間のコミュニケーションの本質は、心と心のやりとりであり、自分から心を開くことが何よりも大切だと学んだ。

 

 

 

 

とまあ、ナンパっぽいやつから、それ本当にナンパで学んだの?!みたいなやつまで種類豊富ですが、人間として格段に成長する事が出来たのは事実です。

 

 

 

さて、僕の中である程度は、ナンパを区切れるところまできたつもりです。

 

 

 

そして僕は次のステージに進むために、やるべき事が残っています。

 

 

 

それは、先にナンパを始めた者の義務として、次の世代に僕の経験、学び、スキル、ノウハウを伝えていくということです。

 

 

特に、ナンパというのは、軽い響きとは裏腹に、深い闇がある活動でもあります。

 

 

それは、メンヘラになりやすいという特徴です。

 

 

メンヘラになると、小手先のテクニックをかき集め、女の子からセックスを奪おうとします。

 

 

 

僕はこれをダークサイド落ちと呼んでいます。

 

 

もしかしたら、今これを読んでる人がダークサイドのど真ん中にいるかもしれない。

 

 

 

僕はかつて、何度も何度も、結果を出すためにナンパの悪魔に魂を売り、ダークサイドに落ちました。

 

 

 

その結果、

 

・結果が出ない。

 

 

・ナンパをしていても面白くない。

 

 

・生きているのも面白くない。

 

 

・そもそもなんのために生きているのかも分からない。

 

 

 

そんな状態に何度も何度も陥りました。

 

 

 

だけどその度に、誰かが手を差し伸べてくれてくれたからこそ今の自分があります。

 

 

 

それが、母であり、友であり、いつも身の回りにいた、そこにいて当たり前だと思っていた人達なんです。

 

 

 

当たり前なんてとんでもなかったですね。

 

 

当たり前に感謝できない人間だったからこそ、力がついても、すぐにダークサイドに落ちるようなやつだったのであります。

 

 

そう、力が付いたからといって、能力が上がったからといって、

 

 

 

心の成長がなければ、人間としての成長はありえません。

 

 

 

僕はナンパを通して、そんな心の重要性を伝えたい。

 

 

心がどんな位置にあるか、どんな方向を向いているかで、今この瞬間どんなナンパをするかも、その子とどんな繋がりを持てるかも、これから自分が引き寄せる現実も、人生の幸福度も180度変わってしまいます。

 

 

 

ナンパというダークサイドに落ちやすい活動だからこそ、

 

 

心を磨かないという選択肢はないのです。

 

 

 

心と能力を磨いてはじめて、人間としてのステージが上がるわけです。

 

 

 

僕は、男女関係のゴールがセックスだと思ってません。

 

 

これを読んでる人にも、もっともっと先を見てほしい。

 

 

『どれだけ人にしてあげられるか。』

 

『どれだけ相手を喜ばせてあげられるか。』

 

『どれだけ楽しませてあげられるか。』

 

『どれだけ幸せにしてあげられるか。』

 

 

 

こんな意識で人と関わっていくことで、どれだけ人生が楽しくて、充実したものになるか。

 

 

人生って楽しい。生まれてきてよかったって。

 

 

お母さんに、

 

 

『産んでくれてありがとう。俺幸せだよ。』

 

 

と、心の底から言えるような人生を歩んで欲しい。

 

 

そしてこの文章を読んだあなたが、いつまでも、幸せの中で生きて欲しい。

 

 

そんなつもりで書きました。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

 

 

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.13

    雰囲気の正体

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。