恋愛業界は情弱ビジネスの温床である

この記事は3分で読めます

Pocket

こんばんは、オリバーです。

今日は前々から
思っていたことを書きます。

 

タイトルで色々察してしまいそうですが
まあ気楽に読んで下さい(笑)

 

情弱ビジネスって
皆さんご存知でしょうか?

 

めっちゃ分かりやすく言うと

情報弱者が反応する言葉
(2年間で2億稼いだ方法教えます!!
六本木のキャバ嬢を抱く方法を教えます!!等)

 

をブログやメルマガに散りばめて
そういったワードに反応しやすい層
をお客さんとして集める。

 

というものです。

(まあ、ビジネス的には
相手の求めているものを提供するという点で
正しいっちゃ正しいのですが。。)

 

情弱を集めて、
その後に本当に正しいことを
教えてあげていればいと思いますけど
まあそうじゃない人が多いですよね。

 

恋愛系はその傾向が超絶に強くて
多くの被害者(?)が出ています。

 

こう言うと、
「なんて最低な奴らだ!」
と思うかもしれませんが

 

面白いのは、
情弱ビジネスをしている
人の中にも、

「自分は情弱ビジネスはしていない!!情弱ビジネスはくそだ!」

と思っている人が沢山いることですw

 

まあ、自覚している人の方が
個人的には好きです。

 

情弱ビジネスをする人の特徴としては
そのビジネスを長い間続ける予定
ではないことが多いです。

 

なぜなら、情弱ビジネスは
いずれメッキが剥がれ、
信頼を失い、人が離れてしまうからです。

 

けど、そのメッキが剥がれる前に
「情弱から吸い上げて稼ぎきってやろう!」

という魂胆ですね。

 

非常に残念なことですが、
ビジネスの世界ではよくあることです。

 

情報感度が高く、
頭のいい人を集めるよりも、

情報感度が低く単純で頭の良くない人
(言葉は悪いですが)を

沢山集めて売りまくるほうが
短期間で大金を稼げます。

 

お金が欲しくてビジネスを始める人は
大体このパターンです。

 

ちなみにこれは本人の性格が
悪いのではなく、

「ビジネスとはそういうものだ。」
と業界の多くの人が
そう思っているし、
実践していることが原因です。

 

何事も真似から始まりますからね。

ただ、この循環は
お金は稼げるかもしれないけれど、
幸福度は上がりません。

 

情弱ビジネスの最も良くない部分は、
心の違和感を無視しなければならないことです。

 

本当に相手のためになるか
確信の持てない商品を

「あなたのためですよ!!」

と言い続けることが
精神的に健全なことだと思いますか?

 

普通の人は病みますよ。

 

まあ実際鬱になったり、
過剰に煽ったことによって
商品の質と結果が伴わず

クレームが殺到してビジネスが
嫌いになってしまう方もいます。

 

まあ一部の何も感じない
金の亡者みたいな人もいますが、

いつも「見えない何か」
と戦っている印象を受けます。

 

どのみち心の違和感を
もみ消しながら進むので
「幸福度」は上がりません。

 

僕らは幸せになるために生きていて、
その為のツールとして

お金を稼ごうとしているのに
お金を稼ぎながら不幸になる。

 

何という皮肉でしょうか。

 

僕がなぜここまで話せるかというと、
情弱ビジネス(心の違和感を無視したビジネス)
に引っかかったこともあるし、

女遊びをしていた時代に
「上手くやる」ことばかりしていて
病んだ経験があるからです。

 

僕は情報発信を始めてから
幾度となくこの心の違和感に
惑わされてきました。

 

ビジネスの世界は、
「売り上げ(粗利)が全て」
とよく言われます。

 

けど、本当にそうでしょうか?

「お客様も自分も幸せになる事」

これが一番大事なことではないでしょうか?

 

インターネット(情報)ビジネスは
「上手くやって稼いだもん勝ち」

という価値観がありますが、
僕はずっと違和感でした。

 

「なぜ、稼いだ金額で偉そうにするんだろう。
それはそんなに誇れることなのだろうか?」

 

起業家としては、
あるまじき発言だと自覚しています。

 

実際に、「いくら稼いだか?」を
目標に動いた時期もありましたが、
正直違和感しかなかったです。

 

けど、あるべき起業家の姿とは

「人を喜ばせ、楽しませ幸せにした結果、お金もついてきた」

というものではないのでしょうか。

 

人を愛し、愛され、喜ばれ、
幸せになるために
僕らは生きているのに、

上手くお金を稼ぐことばかり考えていて、
それで幸せなのでしょうか?

 

お金が必要なのは分かります。
僕だってお金が欲しくて起業しました。

 

けど、だからと言って
自分の心の違和感を無視しながら
お金を稼ぐのは正しい事なのでしょうか。

 

僕はそうは思いません。

 

一生稼ぎ続けるために、
徹底的にお客さんを喜ばせ、
正直に商売することが必要だと思います。

 

恋愛でもビジネスでも
「上手くやる」力が必要な時があるのは分かります。

 

けど、その度合いは少なければ
少ないほどいいと思います。

 

可能な限り自然体で居続けること。
自然体の基準、自分の実力を高めていくこと
何よりも大事なことです。

 

恋愛でもビジネスでも同じだと思います。

 

少しでも、情弱ビジネスが
なくなってくれたらいいなと思います。

 

長くなりましたが、
お読みいただきありがとうございました。

それでは!

 

p.s.

感想あればツイッターでも、
oliver.001ow@gmail.com(僕のメルアド)

でもどちらでもどうぞ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。