【僕の人生物語】僕のプレイヤーとしての闇と、恋愛コンサルタントになってからの光【一番最初に読んで欲しい記事】

人気物語
Pocket

 

「モテる為に何が必要なんですか?」

 

 

と聞かれたら、
一瞬の迷いもためらいもなく、

 

「自分の幸せと女の子の幸せを一致させることだよ」

 

と答える男です。

どうも、オリバーですw

 

そこそこモテるようになって、この恋愛業界にやってきてから3年間、

 

どうやったら”ちゃんと”モテる男になれるのか

 

ずーーーっと悩んで糞づまり、逃げては向き合い、を繰り返し続けてきたぼくだからこそ、

 

”テクニックでセックスして自分だけ得する”みたいな中途半端なモテ方じゃなくて、自分も女の子も2人とも幸せになれる恋愛の形を伝えたい。

 

昔のぼくのような、セックスはできるけど、モテている実感はない男性に向けて、その感覚を掴んで貰いたい。

 

そんな気持ちで、この記事を書きました。

 

あの頃のぼくは、早くセックスできるようになりたくて必死でした

 

 

声かけて、適当に笑わせて、適当に言い訳並べて、丸め込んでセックス…いわゆるな女好き男。

 

そんな恋愛を否定するわけじゃありません。

というかむしろぼくはその代表格のような人間でしたw

 

大学生の時に一念発起して恋愛修行してから、

数年間で100人斬り達成。

 

大学・社会人になっても、適当に女の子を引っ掛けて毎日女遊び。。

 

 

こういうの自分で言うのもキモい話ですが、まあ普通に女遊びはできました。

ただ、なんか自分の一般人感というか、ただ遊んでいるだけの男って感じが、死ぬほど違和感でした。

 

 

“このままほどほどに遊んで、ほどほどの女を捕まえて、

ほどほどの女と結婚してに進学して・・・”

 

 

一瞬でもそんな思いが頭をよぎったなら、そんな自分をぶち殺したくなるというか、

 

何なんだよこの中途半端な人生

 

誰しもが一度はこういう感覚を抱いたことがあるかと思いますが、

そういう『そこそこの遊び人感』がどうしてもどうしても我慢できませんでした。

 

 

かといって具体的に何をすればいいかも分からず、とりあえず自分の武器である”恋愛能力”を活かせるように、恋愛コンサルタントとして起業しました。

 

 

その後すぐに、とりあえずお客さんを募集したら、来てくれたので、本格的に恋愛コンサルタントとしての生活が始まりました。

 

 

お客さんをモテさせることは、すぐにできました。

 

起業してすぐにコンサルを受けてくれたお客さんは、わずか1ヶ月そこらで、成果を出してくれました。

 

めちゃくちゃ感謝してくれて、この仕事にやりがいを感じました。

 

「感謝されるのってめっちゃ楽しいな!」

 

とまあこれだけ聞くと、「お、順風満帆じゃ〜ん」と思われそうなんですが、

 

僕には別の悩みがありました。

 

自分の恋愛が全く上手くいってない

 

images (2)

 

ありがたいことに、お客さんも来てくれたし、コンサルした人のほとんどが、成果を出してくれるという状況でした。

 

僕としてもそれはめっちゃ嬉しくて、コンサル自体にやりがいはめっちゃ感じていたんだけど、その反面、自分はどんどん女の子から遠ざかっていく感覚がありました。

 

アポに行っても楽しくないし、しかも全く上手くいきません。前までなら簡単にお持ち帰りできた女子達から、ことごとく拒絶されます。

 

 

「え?何これ?恋愛ってこんなに難しかったっけ?」

「てかそもそも女の子と話してても全然楽しくないわ」

 

女の子大好きな僕が、女の子と話すことに一切の楽しみも感じず、しかも全くモテなくなってしまいました。

 

「え?何これwどうしたんw」っていう状態。

 

今思えばそれは自分の視点の低さゆえだったんですが、当時のぼくはそんな根本原因が分かるはずもなく。

 

毎日が同じことの繰り返し、そんな状態が長く続きました。

 

repetition2

 

人生1mmも前に進んでないやん。ずっとこれ無限ループしてるやん。」

 

別に一切繰り返すつもりなんてないのに、なんかずっと頭の上に透明のガラスの天井みたいなのがあって、

それをぶち破ろうと必死なんだけど、それに玉砕され続ける日々みたいな。そり立つ壁、みたいな。

 

何かを変えたくて恋愛コンサルタントになったのに、

本質的には何も変わってない気がして、かといって具体的にどうしたらいいかは分からないっていう。

 

とりあえず仕事だけしてみよう。

 

「一旦女子から離れてみようw」

 

っていう謎のムーブをかまし、1年くらい女子とは誰ともアポらず、
恋愛の指導だけは続けました。

 

 

そしたら一応、進歩はありました。

 

「仕事してる時は楽しいし、お客さんがモテるようになると
自分のことのように嬉しい。

俺がしたかったことって、セックスじゃなかったんじゃないか?」

 

 

なんとなく頭の中でモヤモヤしていたものが、少しずつ言語化され始めました。

 

 

いろんな人から恋愛の勉強をしました

 

momokaraumareta_momotarou

 

ちょうどその時、僕はビジネスをガッツリ勉強して、
自分の恋愛コンサルを更に大きくしようとしていました。

 

 

同業者のセミナーに行ったりして、色んなノウハウやテクニックを学んでは、これも違う、あれも違う、といった感じで、ノウハウを探し回りました。

 

 

「相手のことを幸せにすればいい」

 

という理念のもと活動している人に感銘を受けて、
「相手の幸せ」を考え続けて行動しましたが、

一般的なただのいい人になってしまい、どこかピンと来ませんでした。

 

 

「もう少し、あと少しピースが足りない・・・」

 

 

何かが足りない、でもそれが何か分からない。

 

そんな状態で、また時間が過ぎて行きました。

 

 

 

そんなある時、僕は自分のビジネスを大きくしようと、

ビジネスの勉強会に行きました。

 

 

そこで、

とある講師の人が、

 

 

「ビジネスは、全員を勝たせないといけないんだよ。”もちろん、自分も”」

 

 

と言った瞬間、

僕の体に電流が走りました。

 

 

この視点だ!!!!

 

 

と、全ての霧が晴れたことを覚えています。

 

 

女の子から搾取するとか、奪うとか与えるとか、
そんなんじゃなくて、そもそも全員が喜ぶ形を作れるように、
俺が最強になればいいだけじゃんか。

 

 

ざっくりまとめると、こんな体感になったのです。

 

今までは、ノウハウとかテクニックとかばっかりに頼っていて、

 

「どうやって口説くか」

「どうやってセックスするか」

 

という、とても低次元の発想しか持っていませんでした。

 

しかし、そうではなくて、お互いが幸せになれる形で普通にデートしたり、

セックスしたり、いわゆる普通の恋愛みたいなことをすれば、

自分の心の貧しさから解放されて、もっと楽しい毎日を送れると確信しました。

 

 

セックスがしたいのであれば、自分からゴリ押しで口説くのではなくて、

女の子の方から求めてくるような状態を作って、

迎え入れてあげることができればお互いにとって幸せなはずです。

 

 

 

これまで自分がずっと違和感を抱えていたことが、解消された瞬間でした。

 

 

 

「点が線につながった瞬間」とは良く言われる表現ですが、

もはや線が面になるというか、面が立体になるくらいの衝撃でした。

 

 

恋愛コンサルタントになってから3年後の出来事でした。

 

 

その瞬間、今まで得たノウハウとかテクニックを全て捨てました

 

mwRxY

 

 

今まで、恋愛ノウハウいやテクニックを知ることに全力を注いでいましたが、

その全てを忘れることにしました。

 

 

“いい女を沢山抱いている奴が偉い”

 

くらい思っていた僕にとって、

 

”自分と関わる女の子の幸福度を最大化する”

 

これが達成された世界に対するワクワク感は半端じゃなく、

それゆえに、ひたすらにがむしゃらにそれと向き合い続けました。半年くらいかかりました。

 

 

そして答えが出ました。

 

 

自分の幸せと女の子の幸せを同時に達成する具体的な方法論

 

 

こういうのは抽象的だからうまく言語化しづらいし、

書いてみても何のこっちゃってかんじの文言になりましたが、まあでもそれが理解りました。

 

同時に、これまでずーーっと恋愛やナンパにに違和感を抱き続け、悩み続け、糞づまってきたのは、

 

恋愛は、どっちかがどっちかを支配するものだと思っていたから。

 

だということも悟りました。

 

 

人生が、日常が、見える世界がカチャっと切り替わる音がしました。

 

a0143100_1741635

 

「女の子と遊ぶの全然楽しくない」なんてことがなくなりました。

 

お金を稼いで物質的に豊かになること。自分自身の見た目をより良くすること。

周りの人々を豊かにそして幸せにすること。日本を世界を全体をもっとおもろくすること。

全てが一致し、イコールで結ばれてるから。

 

 

わざわざ、恋愛モードのキャラクターを作ってアポに行く…なんてことをしなくなりました。

 

 

自分の人生を本当に楽しく過ごすには、恋愛は絶対に必要なものだと思うし、

周りの人を更にモテさせる為には、自分の能力をもっと磨いていく必要がある。

 

女の子の前の自分と、普段の自分を一致したから。

 

 

 

これまで自分を苦しめ続けてきた悩みが、悩みですらなくなりました。

 

これは、やばいwwwww

 

 

恋愛の視点を高めることが及ぼす人生に対する絶大なるインパクトを猛烈に確信したぼくは、

今度はそれを周りの仕事仲間や、自分のコンサル生に伝えまくりました、再び半年くらいかけて。

 

みんながみんな、激変していきました。

 

✓ワンナイトしかできなかったのに、長期的な関係を構築できるようになった

パパ活などのお金を介在しない恋愛をできるようになった人

童貞を1ヶ月で卒業し、すぐに女性に対する不安がなくなった人

✓関わる女の子のレベルが、一般女子から上位カースト女子に上がった人

✓追いかける恋愛ではなく、追われる恋愛ができるようになった人

✓女性関係のトラブルが、極端になくなった人

✓恋愛が上手くいって、恋愛コンサルタントとして独立した人

 

それっぽい羅列をしてみましたが、ここでしっかり強調しておかねばならないのは、

これらはあくまで「恋愛=奪い合い」という枠から抜け出したがゆえの副産物に過ぎない、ということです。

 

だからこれらは成果という成果ではなく、

ようやく本当の意味で人生の、恋愛のスタートラインに立てた、というだけなんだと思います。

 

「俺はいい女とやりまくっているぜ!」  「いい女とやりまくっている奴が偉い!」

 

CeESzCh9

 

”いい女を沢山抱いている奴が偉い”

こういった風潮は、リアルでもネットであると思います。

 

別にそんな彼らの生き方をわざわざ否定したいわけではありません。
むしろ、ある意味正しいとすら思っています。

 

 

自分の関わる女の子のレベルをあげたいのであれば、もっと物理的に、
女の子に提供できる価値を増やすことが、最大のレベルアップになります。

 

かつてのぼくのように、恋愛に対する「違和感」がある人にはきっとその声は届くだろうし、

その結果、みんなの人生を、恋愛を、日常を明るくすることができる、という確信があるだけ。

 

それをシンプルに一言でまとめれば、
「どうせやるならもっと欲張ろや!」っていうw

 

 

年間100人抱くナンパ師だろうが、美女を抱いている男だろうが、

それは『人生』というモノサシで見た時の『程度』の差でしかありません。

 

 

本当の意味でラットレースから抜け出す方法

 

 

いい女抱いてようが何だろうが、

そんな満足感”だけ”を追い求め突き詰めた先に一体何があるというのか?

 

そんなんじゃない、もっと次のステージへ。

正確には、そんなものは同時にサクッとクリアしてもっとおもろい世界へ行こや、っていう。

 

使命って言えば大げさだけど、でも別に大げさじゃない。

そんな気持ちでぼくは、「視点を上げる」ことの重要性とその実効性を伝えていきたい。

 

もう1度、聞きます。

 

kitamura1

 

「モテる男になるには、何が必要なんですか?」

 

今すぐにこの質問に「自分の幸せと女の子の幸せを一致させること」と答えられる人は少ないと思います。

 

 

じゃあ今から何をすればいいのか?何を知り、学び、実践すればいいのか?

 

恋愛の視点を高め、物理的にを提供できる価値を増やす。

 

まずはこの意識を持って恋愛に向き合うこと、取り組むことです。

 

そして、その上でちゃんとセックスすることです。

 

だって恋愛のステージだけを上げても、それは単なる綺麗ごとに終わるから。

その上でしっかり成果を出して初めて、視点が高いことの意味があるというもんです。

 

 

だからこそぼくは、

 

自分の幸せと女の子の幸せを一致させる、これからの時代の新しい恋愛の取り組み方。

ちゃんと物理的に提供できる価値を増やす、具体的な方法論と肌感覚。

 

この2つを、同時に欲張ってこの2つを、

メルマガを通して丁寧に解説していきます。

 

 

更にはみんなで一緒に視点をあげていけるような”場”として、

メルマガ自体をそんな”コミュニティ”として、
読者の方々とそれらを一緒に作っていきたいと思います。

 

 

まだ童貞だっていい。

片想い中ならそれでもいい、モテたくて悩んでるならそれもいい。

やりまくりたくてエネルギーあり余ってるなら良し。

 

今取り組んでる恋愛に違和感があって悩んでいるなら、超気持ち分かるw

 

今の自分がどの段階にいるかなんて死ぬほどどうでもいい。

 

こんな長ったらしい文章を最後まで飽きずに読んで下さったあなたが参加してくれるなら、

ぼくは大歓迎です。

 

「ただセックスするだけなんてしょーもないし、自分だけの目標ばかり達成しててもおもんない。

もっとなんかこう、自分を人生の主人公として周りも世界も引っくるめておもろいものにしてゆきたい。

恋愛をするのはそのためであって、やる以上はもちろん世間一般以上のモテくらい余裕で手に入れる。」

 

もしあなたが今、なんとなくそんなことを思ってくれてるのであれば、

この瞬間が、レールから脱線するための、枠から抜け出すための第一歩になることを、祈っています。

 

まずは具体的な方法論の共有から

 

美女ハーレム構築レポートを受け取る

僕がマッチングアプリや
ナンパで抱いてきた女性達

 

・銀座のキャバ嬢兼看護師
(当時24歳・同い年)

 

・学生時代からずっと一軍の
美人看護師(23歳・二つ年下)

 

・同僚全員から口説かれた
丸の内OL(当時30歳・4歳年上)

 

・顔が可愛い
携帯ショップ店員(23歳・3歳年下)

 

・顔もスタイルも良い
保育士兼中洲のキャバ嬢(27歳・一歳年上)

 

・Eカップ美脚OL
(当時21歳・2歳年下)

 

・元女優・アイドルの
Fカップ23歳(当時23歳・2歳年下)

 

・男を転がすのが
趣味の21歳Eカップキャバ嬢(現役女子大生)

 

・エロいお尻の
アパレル店員(当時23歳・一歳年下)

 

・男に貢がせる天才パパ活女子
兼キャバ嬢(当時23歳・2歳年下)etc..

 

僕はこの10年間で、
500人以上の女性と知り合い、

100人以上の女性とデートを重ねて、
セックスしまくって
きました。

(総セックス数は1000回を超えています。)

数多の美女を抱いて、
コンサル生にも抱かせてきた
方法の根底にある考え方を、
この一冊に詰め込みました。

 

美女ハーレムレポートを受け取る

 

電子書籍も販売しています。

「弱虫少年がストリートナンパを経て恋
愛コンサルタントになるまで」

画像クリックで紹介ページの飛びます。

 

メルマガ登録で死ぬほど、
モテる為の情報が届きます

 

 

人気物語
オリバーをフォローする
美女ハーレムの築き方
タイトルとURLをコピーしました