「これで誰でも女性に不自由しない男になれるマニュアル」

Pocket

「これで誰でも女性にに不自由しない男になれるマニュアル」

 

こんにちは、オリバーです。

この度は、このマニュアルをご覧頂きありがとうございます。

 

今回のマニュアルでは、

僕の恋愛コンサルタントとしての経験や、

自分自身の経験を基に、

誰でも女性に不自由しない男になる方法をお伝えしていきます。

 

実際にコンサルやサポートでも
お話ししている内容ですし、
多くの男性を見てきた中で得られた知見を基に制作しているので、
当てはまらない人はいないと思います。

 

では、早速やっていきます。

 

1.「女性に不自由しない」とは?

 

まず、大前提となる定義の共有をしておきます。

 

僕がこれから話していく「女性に不自由しない」とは、

 

①自分がいいなと思った女の子と8割型上手く行く実力があること
②恋愛を通して不幸にならないこと

 

この二つの意味合いがあります。

 

あまり公にはなっていませんが、
恋愛には「実力」と「格差」があります。

 

超弱肉強食です。

 

恋愛市場ではモテる人は更にモテるし、
モテない人は全くモテません。

 

ドラマや漫画などにありがちな、
モテない男が見えない力によって突如モテることはないんですね。

 

モテる奴はちゃんと理由があってモテるし、
モテない人にはモテない人なりの理由があります。

 

今回、僕はモテる人がモテる理由と、
モテない人がモテない理由を分解しました。

モテる人がモテる理由

・話が面白い
・コミュ力が高い(相手の表情を読み取れる)
・かっこいい(見た目がよい)
・頼れる
・男らしい
・女慣れしてる
・恋愛で問題が起こらない程度に経済力がある
・経験がある
・女性から尊敬される要素がある
・女性にとっての性欲の対象である
・出会いを作る術を持っている

 

モテない人がモテない理由

・見た目が足切りラインを切っている
・話が面白くない
・男友達がいない
・暗い(一緒にいて元気がもらえない)
・女性経験がない
・「生理的無理」ゾーンに入ってしまっている
・自信がない
・出会いを作る術を持っていない
・女々しい

勿論他にもありますが、
僕が外せないと思う要素を上げました。

 

今お話しした要素は、
ほとんどの人が生まれた時に持っているのではなく、
「女の子と関わった経験」のなかで身に付けるものです。

 

「生まれつきのモテ男」というのは、妄想であり、
そんな人はいません。

 

モテる人は、全員、経験の中で学び、
自分を女の子好かれるように適応させてきたからこそ、
今、モテています。

 

唯一あるのは、「環境の差」です。

 

例えば、家族に妹と姉がいる男性と、
男兄弟で育った男性だと、
女性と関わった経験が圧倒的に違うので、

これは確かに明確な「差」です。

 

ただ、男兄弟で育った人でも、
自分から学校や職場で女の子に話しかけたり、
出会いの場に行ったりすることで、
その壁を突破していく人と、
何もせずボーッと生きていく人います。

 

なので、「モテる」「モテない」は、
全て本人の経験と行動から生まれたものだと思ってください。

 

逆にいうと、先天的(生まれついてのモテ男)がいないのであれば、
誰にでもチャンスがあるわけです。

 

だって、先天的にモテると思っていた人は、
後天的なものだったわけですから。

これからいくらでも自分を変えていくことができます。

 

 

2.モテない男をモテる男にかえる唯一の方法

今から、このマニュアルの肝になることをお話しします、

モテない男をモテる男に変える唯一の方法は、

ズバリ、「大量の女性経験を積む」ことになります。

 

ただ、沢山デートすればいいわけではなく、
「相手に好きになって貰う経験」を積む必要があります。

 

この時点でハードルが
高く感じてしまうかもしれませんが、
ここでいうところの「好き」は、「セックスできること」です。

 

「セックスができる」ということは、
少なくとも異性として見て貰えている証拠なので、
とりあえずはここを一つのゴールにします。

 

 

3.なぜセックスが重要か?

 

なぜセックスが大事かというと、

「セックスができる=男性として認められた証拠」だからです。

どんなに綺麗事を言おうと、
男はいい女とセックスがしたい生き物ですし、
女性に認められたいものです。

 

実際、自分が「いいな」と思った女性とセックスすることで、
男は自信を持てるようになります。

 

この「自信」が非常に重要であり、
女性と知り合った時に、
女性がなんとなく感じる「異性の匂い」になります。

 

これは、僕達男性が、美しい女性を見た時に

「可愛い!」「えっろ」「やりてえ。。」と思うのと似た感情です。

 

逆にいうと、
自信から来る「異性の匂い」を感じない男性は、
女の子のいい男センサーに引っかかりません。

 

男性が可愛くない女の子を見た時、
正直なんとも思わないですよね。

 

それと同じです。

可愛くもなんとも思わない女性に迫られても、
男的には困るじゃないですか。

 

「それと同じことを自分はしていないか?」ということです。

 

つまり、女性も男性と同じように、
「初対面」で、やれるかやれないかを大体決めています。

 

これは女性の性格がどうとかそういうものではないです。

タイプじゃなかったり、魅力を感じない人に、
股間を膨らませろと言われても、無理じゃないですか。

 

それと同じです。

だけど、男の場合は
「異性として見られない問題」を解決する方法があります。

 

それが、「いろんな女性とセックスしまくる」ことです。

 

 

4.セックスすれば誰でもいいのか?

 

ここで一つ疑問が生まれると思います。

「セックスできれば誰でもいいのか?」と。

これに関するアンサーは、状況によって異なります。

 

モテ活を始めたばかりの頃は、
最初は手当たり次第いくのが良いでしょう。

セックスするまでには、
ある程度女性がその気になるように導線を組んでいく必要があります。

 

この一通りの流れを行う間に、
面白い話であったり、
相手の感情を読み取ったり、
男らしさであったり、
女心を勉強することができます。

全てが完璧である必要はないですが、
少なくとも平均点を超えていないとセックスができないので、
できないことをできるようになる必要があります。

 

なので、手当たり次第セックスを狙って、
それを学んでください。

 

ある程度感覚を掴めたら、
次は自分の恋愛戦闘力を引き上げていきます。

その為にやるべきことは、
自分のレベル+1〜2くらい上の相手と経験を積むことです。

 

男性の恋愛戦闘力は、
自分が過去にゲットした女性の質に依存します。

 

まぐれでもいいので、
自分的にウルトラいい女だと思う人と関係を持てたり、
認められればレベルが一気に上がります。

 

恋愛でレベルが上がったと感じる時は、
「今までレベル高い」「可愛すぎる」と思っていた女の子が、急に大したことなく見えた時です。

 

恋愛は基本的にはマインドゲーなので、
大したことないと思えていればゲットできます。

 

逆に、「自分より格上だ」と思っているうちはゲットできません。

 

今恋愛面で不自由してる方は、

「女性を思い通り動かせる」

感覚がないと思います。

 

モテる男性は、

「女なんて簡単だよ(笑)」と思っています。

そして、実際にある程度コントロールできます。

 

でもそれは、自分自身の戦闘力が高いからであり、
そこに辿り着くまでにそれなりに女性経験を経てきています。

 

だからこそ簡単だと思うのであり、
実際にそこまでむずかしくありません。

 

 

5.自分が抱けるのは自分のレベルと同じくらいの相手

 

モテ活動を始めると、
自分が思っていたよりもいい子と遊べたり、
逆に、自分が思っているよりもいい子と関係を持てなかったりします。

 

思っているよりもいい子と遊べないと感じた方には
非常に苦しい話ですが、
それは自分を高く見積もり過ぎていたということです。

 

なので、謙虚に自分の外見であったり、
性格であったり、雰囲気を改善していく必要があります。

 

一時的に嫌な思いはしますが、
長期的に見れば、自分を変えるだけでもっと良い女の子と遊べるなら良いと考えましょう。

 

このように、自分の至らない点の改善と、
女の子の理解、そしてコツを掴む活動を行っていくのが、

モテる男になる方法です。

 

 

6.どれくらいの相手と関係を持てばいいのか?

 

これはあくまでも僕の個人的な感覚ですが、
ただ普通に恋愛できるようになるのであれば、
5人ほど経験すれば、十分です。

 

「もっと遊びたい!」

「恋愛で二度と苦労したくない」

「恋愛で不自由したくない」

と感じるには、20人以上の経験が必要です。

 

そして、いわゆる「遊び人」
「生粋のモテ男」になりたいのであれば、
50人程度の経験は必要となります。

 

なので、僕としては目標から逆算して
数字を意識しながら活動するべきだと思っています。

 

週に1人セックスすると、
1年間で52人と関係を持てるんですね。

 

僕もこれは実際にやっていましたが、
「いつまでに何人ゲットするか」
を考えて活動しましょう。

 

例えば、「3ヶ月で10人ゲットする」「毎週1人ゲットする」などです。

 

僕はヤリチンになりたかったので、
週1人を自分に課しました。

 

そうすることで、1週間以内に
必ずデート相手を1人見つける必要があります。

 

しかも、その1人に失敗すると嫌なので、
可能な限り会う前に電話などで距離を縮めたり、
準備をしてから会うようにしました。

 

もはやスポーツや仕事のような感じですが、
個人的にはこれくらいでいいと思っています。

 

だって、モテないのしんどいですからね。

 

7.女遊びがどうでも良くなったら、完了

 

最終的にここまで行って欲しいと思っています。

 

どこで飽きるかは人それぞれですが、
僕は100人くらいで飽きました。

 

当然、性欲はあるのですが、
どうでもいい人と関係を持つことを拒むようになってから、
また一段とレベルが上がった感じがします。

 

女の子は天邪鬼なので、
「誰とでもやります!」みたいなちんこ振り回し野郎よりも、
「俺はそんなに安くないよ」というスタンスの方が惹かれます。

 

ただ、戦闘力低い人がそれをやっても、
ただのスカしてる勘違い男になってしまうので、

最初は泥臭くセックスしまくって、
どうでも良くなるのを待ちましょう。

 

終わりに

ここまでが、今回のマニュアルになります。

色々と耳を塞ぎたくなる表現もあったかと思いますが、
事実なので、真摯に受け止めてモテ活しましょう。

 

明日からもメールするので、
メルマガとYouTubeの方もよろしくお願いします。

 

オリバー

タイトルとURLをコピーしました