元ギャンブル中毒の男が教える貯金術

元ギャンブル中毒の男が教える貯金術
Pocket

こんにちは、オリバーです。

 

このブログを読んでいる方からすると意外かもしれませんが、
僕は元ギャンブル中毒でした。笑

 

 

パチンコから始まり、
ジャグラー、スロットは死ぬほどやりました。

 

僕が打っていた頃は、

バジリスク絆、凱旋、ハーデス、黄門ちゃま、沖ドキetc..

 

などの機種がメインの時代で、
毎日狂ったように打っていましたw

(知らない人ごめんなさい・・笑)

 

勝ちを意識した固い立ち回りの訳もなく、
毎月お金が入ってきては三日くらいで使い切り、

人にお金を借りたり、
消費者金融に借りたりしながら暮らしていましたw(懐かしい。。笑)

 

なので当然、
貯金はゼロでかつかつの暮らしでした。

 

今となっては自分で事業を始めたこともあり、
だいぶお金が貯まる性格になったので、
貯金ができない人に向けて、貯金術的なものをお話ししていきます。

 

前提知識

まず、貯金についての前提知識をお話しします。

 

貯金が貯まらない原因は主に

・ストレス

・見栄

によるものです。

 

ストレスとは、例えば仕事の事だったり、
家庭の事、人間関係のことが原因になりやすいです。

 

浴びたストレスを緩和する為に、

大食い・ギャンブル・酒・タバコ・異性

に走る傾向にあります。

 

心当たりある人いると思います(笑)

 

こういったストレスというのは、
浴びてしまった以上、
解消しないでおくのが中々難しいものですので、
我慢しようとしても、
どうしても発散したくなり、
結果、お金を使ってしまいます。

 

見栄については環境が大きく関係しており、
いわゆる、

「金を沢山使った奴がカッケー」

「金は使ってなんぼ」

といった、
周りの人間の価値観によって、
使わざるを得ない状況になっているということです。

 

イキったサラリーマンが
無駄に高い時計付けてたりするのも、
それに近い現象ですね。

 

 

なので、貯金したいと思う人が
まずやらなければいけないことは、

 

①自分がストレスで使っているのか、
見栄で使っているのかを洗い出す

 

②ストレスの場合
・ストレスの根本原因はどこにあるのかを考える
・原因を解消できる道を探す

 

 

②見栄の場合
・周りの人間の価値観を客観視する
・本当に必要なものに使っているかを見直す

 

ということになります。

 

ほとんどの人は上記の二つが根本原因になるので、
ここさえ直せばかなりマシになるはずです。

 

 

貯金に役立つテクニック

 

で、ここから先はちょっと小手先な話ですが、
僕的にかなり役に立った考え方や方法論なので、
是非取り入れてみてください。

 

どれもすぐに効果のあるものです。

 

 

1.家計簿をつける

 

お金の貯まらない人の
ほとんどが、家計簿を付けてないと思います。

 

逆に、お金が貯まる人は、
家計簿を付けていなかったとしても、
頭の中に自分の貯金額・資産額が割と細かく頭に入っています。

 

家計簿をつける理由は、
お金の流れや、支出額を具体的に把握することができるからです。

 

世の中の商品やサービスは、
消費者に気がつかれないようにお金を取れるようになっています。

 

クレジットカードの請求、
毎月、自分の予想より多くないですか?笑

 

「これくらいいいや」

が10回、20回と重なると、案外大きな金額になります。

 

コンビニなんかは定番ですよね。

・サンドイッチ198円(税別)
・サラダ248円(税別)
・つけ麺550円(税別) 

 

ぱっと見、
なんとなく900円くらいに見えません?

 

本当は、
198円→217円
248円→272円
550円→605円

合計1094円ですからね。

100円の誤差です。

 

100円は小さな金額かもしれませんが、
もっと大きい金額だったり、
回数が重なると、認識の差が大きく開いていきます。

 

そこで、家計簿です。

 

家計簿を細かく付けるようになると、
自分が使っている気になっている額と、
実際に使っている額の差が少しずつ縮まっていきます。

 

これは、肌感覚で自分の支出と収入を
捉えているということであり、
使いすぎる前にセーブすることもできるようになります。

 

ちなみに僕は、オレンジ色のアイコンの
家計簿ってアプリを使って、
全収入と全支出を記録しています。

 

これですね⬇︎

 

 

2.常に口座残高を記憶しておく

 

家計簿と少し似ているので続けて紹介します。

 

あなたは、自分の口座残高、大体覚えていますか?

 

予想ですが、お金が貯まる人は、
ほとんどの人が言えると思います。

 

覚えていない人は、
大富豪か貯まらない人のどちらかだと思います。

 

口座残高がどれくらいあるかというのを把握するのも、
家計簿と同じく、自分の収入と支出を肌感覚で捉えることになります。

 

今はどの銀行もインターネットバンクに対応しているので、
アプリをインストールして、
お金を使うたびに確認すると良いと思います。

 

これをやったほうがお金が貯まるというよりは、

「お金が貯まる人はしょっちゅう自分の口座見てる」

の方が言い方としては正しい気がします。

 

ちょっと次の項目に続き書きますね。

 

3.お金を使うことではなく、増やすことに快感を持つ

 

2の続きっぽくなるのですが、
つまるところ、
お金が貯まる人と貯まらない人の違いは、

 

・お金を使うことに快感を覚えるのか?

・お金を増やすことに快感を覚えるのか?

 

だけのことだと思います。

 

昔の僕は、
「お金を使うことが快感」で、
給料や奨学金が振り込まれたら、

 

「早く使わなきゃ」

 

と思っていました。

 

お金が貯まる人はその反対で、
お金が口座に入ると、

 

「ああ、またお金増えた。気持ちいい。。。脳汁ドバア

 

と思っていますw

 

さて、あなたはどっちでしょうか。

 

なんというか、
人間は積み重ねていくのが
楽しい生き物のようで、
貯まれば貯まるほど脳汁が出る分量が増えている気がします。

 

 

で、どうしたらこの思考の転換が
できるのかと言うと、

まず口座にまとまった金額を置いておく必要があります。

 

常にお金がない人は、
口座にお金がない状態が
デフォルトになってしまっているので、

 

「お金がない=正常(落ち着く)」

 

という潜在意識になっています。

 

なので、まずはその潜在意識を解除するために、
ある程度まとまった金額を口座に置いて、

 

「お金がある=正常(落ち着く)」

 

という潜在意識に書き換える必要があります。

 

 

で、どれくらい用意したらいいかと言うと、
あくまでも僕の感覚ですが、

少なくとも300,000円(30万円)くらい

は口座にないと、変わらないような気がします。

 

これはあくまでも僕の感覚であり、
個人差はありますが、
大体これくらいなんじゃないかなあ。。

 

 

30万円の目安は、収入がある限り、
とりあえず生活に不安がない状態が、
ざっくりこれくらいだと思うからです。

 

例えば貯金30万円あって、
毎月の収入の20万円中、
そのうち生活費で18万円消えるとなっても、
2万円増えますよね。

 

そうすると、次の月は32万円の貯金があることになります。

 

同じように次の月に18万円でやりくりして、
2万円貯金できれば、34万円になります。

 

さらにその次の月は、
36万円になります。

 

なんとなく、
このまま続けたくなってきませんか?笑

 

まあ、実際これではペースが遅いので、
もっとお金を増やすアプローチをする必要があるのですが、
マインド的にはこんな感じですね。

 

「毎月お金が増え続けるの楽しい。。。」

 

というマインドになれば、
貯金もできるし、
お金を稼ぐ方でも上手く行きやすいです。

 

あと問題なのはどうやって
最初にまとまった金額貯めるかですが、

 

・1〜3ヶ月生活費を削りに削って貯める

・土日にバイトする

・貰える補助金がないか探しまくる

・自己アフィリエイトできる初回格安サプリを転売する(裏技)

 

とかですかね。

 

当然、借金とかはダメです。

本末転倒ですからね。

 

30万円と言わずとも、
10万円でも貯まればかなり精神的にマシになると思います。

 

要は、

「お金増やすの楽しいマインド」

になって、毎月少しつづでも増えていればいいので。

 

 

4.サブスク全部解除・格安SIM

 

サブスクって、月額500円とかでも
めっちゃお金かかるんですよね。。

 

500円のサブスクを、
1年継続で6000円、
2つで12000円、
3つで18000円です。

 

500円ならまだマシですが、
昔の僕は1800円くらいの音楽系のサブスクを
解除し忘れたまま3年くらいずっと課金してました。

 

1800(円)×12(ヶ月)×3(年)

64,800円 

 

おえ。。。

 

気づかぬうちに
お金を吸い取られるのがサブスクなので、
不要なサブスクは全て解除しましょう。

 

 

後は、何回も話してますが、

格安SIM使ってますか?

 

8000円(キャリア)×12ヶ月=96000円

と、

2000円(格安SIM)×12ヶ月=24000円

差額72000円です。

 

いやーでかいでしょ。

こちら、楽天アンリミッド1年間無料です。⬇︎



意味不明ですね。

 

いつ終わるか分からないので、
まだ格安SIMじゃない人は早めに申し込んでおきましょう。

 

初見だとややこしく感じるのと、
キャリアが解約違約金という謎の鎖を繋いできますが、

9000円くらい格安SIMに変えたらすぐに元がとれるので、
さっさと払っちゃいましょう。

 

僕もそうでしたが、
お金が貯まらない人は、
目先の少しのお金を払うのを嫌がって、後々大きく損します。

 

これは、きちんと計算する癖が
付いていない証拠なので、

解約金(9000円)を払って、
毎月2000円〜3000円にするのと、
そのまま毎月8000円くらい払い続けるのでは
どっちが得なのかなど、
きちんと計算する癖をつけてみましょう。

 

イメージで判断しないで、
ちゃんと計算することが重要です。

 

スマホに電卓も付いていると思うので、
計算する癖をつけましょう。

 

その癖は後々ビジネスでも活きてきます。

 

まとめ

 

色々話しましたね。

 

めっちゃざっくりまとめると

 

・ストレスなくせ

・見栄やめろ

・家計簿つけろ

・口座残高把握しろ

・使うよりも増やすことを楽しめ

・固定費見直せ

・イメージじゃなくて計算しろ

 

こんな感じですねw

 

全部やれば貯金できるようになると思います。

それでは!

お金の話カテゴリの最新記事