恋愛戦闘力を上げる方法。

恋愛戦闘力を上げる方法。
Pocket

ども、オリバーです。

前回の記事で、恋愛戦闘力の定義について解説しました。

ということで、恋愛戦闘力の上げ方を書いていきますね。

ちなみに、恋愛戦闘力とは、①出会う力×②関係性を作る力×③外見力です。

①出会い力の中に②③も含まれているので、今日も②③から話します。

 

②関係性を作る力を伸ばすには?

さて、関係性を作る力を伸ばす方法を解説していきます。

前の記事でも解説しましたが、関係性作りとは、尊敬と共感の感情(印象)です。

女性から尊敬されていて、共通点があれば好きになってもらうことはできる、という話ですね。

尊敬の印象を作る方法

尊敬の印象を作る方法は、2つあります。

①会話で示す
②雰囲気で示す

①会話で示す

会話で示すのは比較的簡単です。外見をある程度遊んでいる風に見せているのであれば、少しでも真面目な話をすれば、それでギャップが働きます。

ものすごく単純なところで言うと、

「めっちゃ遊んでいるけど、ゴムは必ずつけるんだよね」

「遊んでいるけど、彼女できたら絶対浮気はしない」

この辺は誰でも使える話ですよね。

他には、過去に部活をゴリゴリやっていたり、仕事を一生懸命している人は、何かしら語れることがあるはずなんですよね。

そういった話をたま〜に入れるだけでも尊敬の印象を与えることができます。

「俺は人生でなんにも頑張ってこなかったから特に語れることはないけど、尊敬されたいんだけど?」という人は、まず何か頑張ってみましょう。

嘘ついてもいいと思いますけど、体から出ていない言葉はバレますからねぇ。

あと、ずっと真面目な話をするのはダメです。

たま〜〜〜〜に、20%くらい見せるから効果的なのであって、基本的に女子に真面目な話はNGです。

ベースは笑い・共感、たま〜〜〜〜に真面目な話で尊敬の印象をつける。この感覚を覚えておきましょう。

②雰囲気で示す

実際に何か成果を持っていたりする人は、これが使えますね。目に見えない物なので伝えるのが難しいですが、「成功者感」というか、そんな感じです。

存在感といってもいいかもしれないですね。存在感の源は、自信なんですよね。

スポーツでもビジネスでも仕事でもなんでもいいんですけど、何かしらの実績を積んできた人は、やっぱり雰囲気があります。地に足ついているというか、どっしりしたオーラみたいなものがあります。

完全に分かる人にしか分からない話で申し訳ないですが、底力みたいなものが身についてくると、なんとなくそれを感じるようになります。

美女はそういうのが大好きなので、何も語らずとも「許可(男としてアリの判定)」が降ります。

外見だけ取り繕ってもモテない理由はこれです。生命力・存在感を感じない男というのは、女性の本能に響きません。

まあ、若い子とか、まじで顔しかみてない社会に出ていない女性はそんなことないんでしょうけど、社会に出ている女性からすると、覇気のある顔とか存在感みたいなものがある男性の方が好きですし、我々はそこを目指すべきです。

またしても元も子もない話ですが、そういった雰囲気を纏うには、何かしらの結果が必要になります。

なんでもいいんです。仕事で成果を出した、ゲームが死ぬほど強い、スポーツで実績を出した、女を死ぬほど抱いた、などなど。自信が持てればなんでもいいんです。

自信において大事なのは、他人がどう思うかではなく、自分がどう思うかです。

いつだって自分のことを信じてあげられるのは自分だけですからね。

 

共通点を示す方法(共感)

共感・共通点を示す方法にも2種類あります。

①会話で示す
②物理的に価値観を近づける

①会話で示す

これは価値観の深堀りということになります。話を深掘りしていって、相手の価値観の核を見つけます。具体的にいうと、相手の家族の話、恋愛の話、なんでもかんでも聞いていって、最深部に到達する感じですね、

もちろん、ただただ質問攻めにするのはうざいだけなので、すこ〜しずつですが、相手に興味を持って知っていくということですね。無理して共感する必要はないんですけど、共感できるポイントは常に探しておきましょう。

 

例えば、僕の場合であれば、両親が離婚しているんですね。

父親があれな人(僕に対する暴力など)だったので別れたのですが、こういった原体験があると、両親が離婚している女の子に対してはかなり強く共感できるし、共感されるんですね。

もしかしたらこれを読んでいる人の中にも両親が離婚している人がいるかもしれません。そういった方は、今僕に対してものすごく共感して親近感を抱いたはずです。

それと同じ感覚ですねw

誰しも似通った原体験が少しくらいはあると思うので、そういった共通点を探していくことを意識すると、女の子と心の中で握手できるくらい心の距離を近づけることができますよ。

 

②物理的に価値観を近づける

①のやり方は少し重たいのと、原体験の有無も必要なので、もっとポップにいきたい方はこちらがおすすめです。

女性だけが持つ価値観ってありますよね。

スタバのフラペチーノが好きとか、旅行が好きとか、ブランドものが好きとか、焼肉が好きとか、そういうのですね。割と無駄にお金がかかるものが多いので、男性は共感できない人も多いですが、好きになる努力をしましょうw

こればかりは仕方ないですね。

美女になればなるほど、そういったプライベートな形で遊んで仲良くなって気が向いた時にセックスして、みたいな感じになるので、価値観合わないと気が向いた時のセックス相手になれません。

セフレというのはセックス要素以上にフレンド要素も大事なので、価値観も理解して一緒に楽しめるようになりましょう。

 

③外見力

外見に関しては、清潔感のフェーズと魅了のフェーズがある、という話をしました。

で、ブログに書いてもいいんですけど、映像があった方がいいと思うので、映像で見たいという方は、オリバー恋愛スクール1ヶ月無料でみてください。(初月で退会すれば1円もかかりません)

 

清潔感のフェーズに関しては、

・服のサイズ/色
・髪型
・匂い
・靴
・無駄毛の処理

などの項目があります。

さらに次の魅了のフェーズなると、流行の採用や、元の素材をどれくらい活かせているか?みたいな話になってきて、正直ここに書き切れる内容ではないので、直接お話しする機会があればその時にでも聞いてください。

 

ただ、魅了と書いておいてあれですが、外見だけで魅了できるレベルになるのは相当大変です。素材によって限界もあります。

なので、「一般的にイケメンの部類」になったら、他の要素を磨いた方が総合力は上がります。

 

①出会う力

さて、ラストですね、個人的には僕は出会い力=恋愛力だと思っています。出会えれば大体、なんとかなります。

美女を抱きたいとかい言っている人に限って、そもそも出会っていないというパターンが多いですね。

なので、出会わなくちゃいけないんですけど、元も子もない話ですが、いい子とであるかどうかは、自分の外見レベルとコミュ力とライフスタイルで9割決まってしまうんですよね。

 

マッチングアプリ・ナンパ・紹介、何を使おうと、普段の自分の戦闘力によって引き寄せられる相手が変わるので、アプリの攻略法やナンパの声かけノウハウなどのスキル面をある程度理解したら、あとは②と③に全振りして行くのがいいですね。

これも口を酸っぱくして言うことになってしまいますが、結局人は鏡であり、自分と同じレベルの女性としか出会えないので、もっといい女抱きたいなら、自分のレベル(②と③)を上げましょう。

 

僕も「簡単にモテますよ!」「美女抱けますよ!」と言いたいんですけどね。笑

それ言い出したら嘘になってしまうので、言いません。笑

地道に確実にやっていきましょう。

それでは!

未分類カテゴリの最新記事